NBAは本命がつまずきかげん、全仏は錦織初戦突破、サラリーマン川柳の結果は

NBAは東西地区とも第1シードチームが苦戦模様である。西地区のウォーリアーズは本拠での2戦を1勝1敗でサンダーの地元に乗り込んだがその第3戦ではまさかの大敗をきっしてしまった。
d0183174_08583305.jpg
ウォーリアーズの3点シュートを徹底的にマークしたのがよかったのか、第3Q途中で41点差をつけ勝負を決めた。これでウォーリアーズは1勝2敗となり、明日開催される第4戦が重要な試合となってしまった。
第一生命が主催している恒例の「サラリーマン川柳」のベスト10が発表された。毎年世相を反映した秀逸な川柳が応募され、ホームページに公開され、読者が投票してNo.1を選ぶのだが、今年NO.1となった句は「退職金、もらった瞬間、妻ドローン」であった。
首相官邸でのドローン事件などドローンを題材としている点が人気を呼んだのかもしれない。他にも笑える作品が満載、いつも感心させられる川柳が多数応募されている。
雨で順延となった錦織の全仏オープン1回戦、ボレッリとはウィンブルドンでも戦っているが、そのときも2日にわたる激戦であった。今回は試合こそ2日にまたがってしまったが、今回は雨という天候によるもので6-1、7-5、6-3の3-0でストレート勝ちして順当に2回戦に進出した。
d0183174_08584146.jpg
全仏オープンに出場している日本人選手は錦織圭以外にもおり、男子のダニエル太郎は46位のM・クリザンと対戦、3-6、4-6と瀬戸際まで追い込まれたが。そこから7-5、6-4ともりかえし、最終セット3-0とリードしたところでクリザンの途中棄権を申し入れたため、うれしいグランドスラム初勝利をあげた。
女子も、世界ランク101位の大坂なおみ(日本)が第32シードで同36位のJ・オスタペンコを6-4、7-5のストレートで破り、大会初出場で初戦突破を果たした。世界ランク71位の日比野菜緒(日本)は第6シードで同6位のS・ハレプ(ルーマニア)に2-6、0-6の完敗、前哨戦ではベスト8に進出し、期待のかかる世界ランク42位の土居美咲は第21シードで同24位のS・ストーサーと対戦、2-6、3-1の時点で日没により、翌日へ順延となった。錦織以外の日本人選手も頑張って勝ちあがってほしいものである。
そして今朝、めざましTVを観ていると日本ハム球団が新球場建設を計画しているとの報道があった。ネットで調べてみると、新球場構想は日本ハム本社でも容認されているそうで、候補地も選ばれ計画も着々と進んでいるようだ。
MLB球団経営を参考にしているという日本ハム、地元密着、地域貢献に突き進んでいるようだ。

[PR]
by motokunnk | 2016-05-24 09:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23167802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< NBAは混戦模様、有原は2発に... NBA、大谷翔平、そしてバレーボール >>