100回をむかえたインディ500、そして今日からプロ野球は交流戦

アメリカの最大レースの一つであるインディ500マイルレースが行われた。今年は100回目だそうで、いろいろな記念行事も開催されたようである。
レースはシリーズでは今一歩シボレーに追いつかないホンダエンジン搭載マシンが速さを見せつけ、新人のロッシが優勝した。期待していた佐藤琢磨はリタイアに終わってしまったが、レース後のコメントをみると、レース中に行ったセッティング変更が決まって追い上げ体制に入っていたときに壁に激突してしまったようだ。来年また挑戦していつか優勝してほしいと思う。
インディ500マイルレースを初めて知ったのは小学生のころであった。少年雑誌で読んだ記事がきっかけだったと思う。当時の日本ではまだ自動車レースがメジャーな存在ではなく、唯一ホンダがF1に挑戦していることがあったのみ、そのホンダもオートバイメーカーで4輪の経験はない時代、そんな時代にF1チャンピオンのジム・クラークがロータス・フォードに乗って優勝した顛末が書かれた記事を読んでレースが好きになった記憶がある。
d0183174_08592230.jpg
上の写真が1965年インディ500マイルレースで優勝したクラーク&ロータスフォードである。それから50年、私のレース好きも良く続いているものだと思ってしまう。
スーパーラグビーも小休止、6月は各国のテストマッチが行われる。日本もカナダ、スコットランド代表との試合が予定され、その代表が33人に絞り込まれた。
リーチ、五郎丸と昨年のワールドカップで活躍した両選手は残念ながら怪我で欠場するが、9月のW杯経験者は16名が選ばれている。トップリーグ終了後にイングランドに短期移籍した畠山健介、アマナキ・レレイ・マフィも選ばれているのがうれしい。
アジアラグビーチャンピオンシップ2016で優勝したメンバーからも数多くの代表が選ばれている。若手発掘が2019年ワールドカップに向けて日本代表の課題であるので、ベテランの経験も重要だが若手に経験を積ませることも重要だ。そのバランスを考え、この1か月の代表選を観ていきたいと思う。
そしてプロ野球は今日からセパ交流戦が約1か月間開催される。今年で11年目をむかえる交流戦、昨年はパリーグが圧勝しただけにセリーグの奮起が望まれるが果たしてどうであろう。
日本ハムも交流戦で調子をあげてソフトバンクを追いかけてほしいが、ソフトバンクは1チームが別次元の強さをみせているようで果たしてセリーグチームがその勢いを止めることができるのであろうか。
NBAは西地区優勝決定戦最終戦が開催される。ウォーリアーズが2年連続してファイナル進出なるか、サンダーが意地をみせてファイナル進出を決めるか注目の1戦である。

[PR]
by motokunnk | 2016-05-31 09:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23185413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< NBAファイナルは2季連続同一... ウォーリアーズ逆王手、大谷翔平... >>