NBAファイナルはウォーリアーズの連勝、大谷はホームでリアル二刀流?

NBAファイナル第2戦が行われた。ホームで連勝して勢いをつけたいウォーリアーズと連敗は避けたいキャブス、好試合が期待されたが試合は一方的な展開となってしまった。
第1Qは両チームとも点の取り合いというよりはディフェンスを固めて得点をとる戦略だったようで接戦となりキャブスが2点リードしたところで修了した。なかなかの好試合かなと思っていたが、その思いは第2Qで早くも間違いであったと気づいた。
第2Qにはいり、ウォーリアーズの攻撃がテンポよく決まりだし、一方のキャブスは波にのれないチーム状況、一方的なスコアとなりはじめてしまった。第2Q以降、91-56とキャブスを圧倒したウォリアーズが110¥77と33点差で圧勝し、第1戦に続いてシリーズ2連勝を果たした。
d0183174_08510647.jpg
キャブスとしては連敗は想定範囲内だとは思うが、まさかの大敗は予想外であり、地元にかえってからの2戦でどう巻き返すかが課題となってしまった。ウォーリアーズの連覇が現実味を帯びてきたファイナル2戦であった。
日本ハムの大谷翔平の起用方法で変化があるようだ。今まではたまたまビジターで登板する試合で打席に立つリアル二刀流で結果を出していたが、次回登板予定の日曜の阪神戦は札幌ドームで日本ハム主催試合。DH制が採用されるが、日本ハムは本人の体調面もあるがこの試合も打席に立たせるプランだそうだ。
d0183174_08505878.jpg
打席にたった試合は15試合連続して安打中と打撃好調な大谷翔平、日本ハムとしてもこの打棒を活用していきたいようである。
大谷翔平の話題をもう一つ、163kmの日本記録更新を記念したグッズが早くも販売されることとなった。オフィシャルショップで限定販売だそうだが、次回登板で日本記録が更新されてしまったらどうするのであろうか、他人事ながらちょっと気がかりではある。

[PR]
by motokunnk | 2016-06-07 08:53 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23202982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< レアードの月間MVPを祝せず有... 大谷で連敗ストップ、中上貴晶表... >>