日本ハム大逆転で5連勝、錦織ウィンブルドン登場

オールスターのファン投票の結果が発表され、日本ハムからは大谷翔平、中田翔の2枚看板が選出された。最近不振の中田翔にとってファン投票選出はうれしいことと思うので西武戦での活躍を期待していた。
さて昨夜の日本ハム対西武戦、先発のメンドーサがいきなり初回に4失点、西武先発は日本ハムの天敵の岸とあって完敗ムードが漂ってしまった。しかし今の日本ハムには勢いがあった。いきなり初回に2点を返すと3回には陽岱鋼のホームランで1点差に追い上げた。
そして4回は無死1、2塁のチャンスをむかえ、岡がバッターボックスにはいった。しかし期待の岡はバント失敗で三振、続く谷口も三直併殺でチャンスをつぶしてしまった。
初回に4失点してしまったがその後のメンドーサは西武打線を無失点におさえていたが、6回一死後四球、連打で失点してしまった。リリーフした加藤も二死はとったが2塁打で2失点、3-7と4点差に拡げられてしまった。
相手は岸、後残されたイニングは3回だけにこの試合は敗戦を覚悟したがここからの粘りがすごかった。4回のチャンスで凡退してしまった岡がまず中前ヒットで出塁すると、谷口が右前ヒットで無死1、3塁のチャンスをつくると、代打大嶋がしっかりと中犠飛(プロ入り初打点であった)で1点をかえす。
西川は内野ゴロ、中島は投ゴロでチェンジと思われたが、岸が一塁へ悪送球、これで5点目がはいった。そして当たっている陽岱鋼は敬遠ぎみの四球、不振の中田にまさかの代打矢野である。試合後の談話では中田に腰のはりがあったそうで予定に交替であったようだが、日本ハムの4番は中田と公言している栗山監督としてみれば苦渋の決断であっただろう。
d0183174_09191314.jpg
矢野は四球を選び、二死満塁で田中賢介である。田中も6回の打席では凡退していただけに名誉挽回のチャンス、フルカウントからレフト前に運んで同点である。そして最後は2ストライクまで追い込まれたレアードであったが、ファウルで粘り、外角の難しいボールをライト前に運んで決勝点をあげ、8-7でこの乱戦を勝利した。
この勝利は日本ハムにとって1勝以上の価値があるものと思う。苦手の岸を攻略してのそれも4点差を2回も跳ね返しての勝利である。今日は吉川が先発予定、吉川の好投で6連勝を期待したい。岡もチャンスでしっかりチームバッティングができるようになればレギュラーとして定着できるのだが、あともう一歩のようである。
錦織圭のウィンブルドンがはじまった。初戦の相手はビッグサーバー・グロートである。いきなり第1セットからサービスエースを決められる展開であったが、第5ゲームをブレイクしてこのセットは6-4でとり、第2セットもブレイクされたゲームはあったが6-3、そして第3セットも7-5と初戦は3-0で勝利した。
d0183174_09192193.jpg
試合後のインタビューでは腰に若干痛みはあったと2回戦へ不安の残るコメントを残した。2回戦、果たして錦織は出場できるのであろうか、心配である。

[PR]
by motokunnk | 2016-06-28 09:20 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23255406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< セパともトップは独走状態、日本... 日本ハム4連勝、中上Moto2... >>