岩隈7勝、日本ハムは7連勝

MLB・マリナーズの岩隈久志がパイレーツ戦に先発した。前回の登板であったタイガーズ戦は5回途中で11安打5失点と散々な内容だっただけにその巻き返しが期待された。
この日の岩隈は低めの制球がよかったようで、3回までに出したランナーは1四球のみであった。その間、マリナーズは3回に無死1、3塁から併殺の間に先制点を奪った。4回に初安打を打たれたが、併殺に打ち取るとその裏マリナーズは二死から連打で2点目を奪取、5回にはクルーズの2ランなどで3点を奪って岩隈を援護した。
その岩隈は6回までは完ぺきなピッチングであったが、7回に先頭打者に2塁打を打たれリズムを乱したか2失点して二死1、2塁のピンチをつくって降板した。リリーフ陣がしっかり後を無失点で切り抜け岩隈は今季の7勝目をあげた。
d0183174_09101981.jpg
6回までは今季のベストピッチであったと思う。オールスターまで後2回先発予定があるそうだが、次回は無失点投球を期待したい。
日本ハムは7連勝を目指して斎藤佑樹が今季初先発した。この試合も中田翔は欠場である。立ち上がりの斎藤は三者凡退に西武打線をおさえてまずまずの出だしであった。西武の先発は長身左腕のバンヘッケンであった。こちらも初回は無難な立ち上がりであった。2回に入ると、斎藤は一死から安打、四球で一死1、2塁のピンチを招いてしまったが遊ゴロ併殺に助けられた。
するとその裏二死満塁のチャンスをつくると、岡が先制タイムリーを放ち、2点を先取した。6試合連続安打である。2点のリードをもらった斎藤だが、4回に一死から連続3連打を浴びてしまい同点に追いつかれてしまった。やはし2周り目にはいるとつらいのかもしれない。そして5回二死1、2塁のピンチの場面で降板した。勝ち負けはつかなかったが、まずまずの投球内容ではなかったかと思える内容であった。
d0183174_09102781.jpg
試合は両チームともブルペン陣に委ねられた展開となった。鍵谷、宮西が6、7回を無失点におさえると、7回裏一死から岡が死球で出塁、大谷、陽と連続四球を選び二死満塁となって田中賢介が打席にたった。その田中、追い込まれてしまったが、センターオーバーのタイムリー3塁打を放って5-2と再び試合をリードした。
そして8回は谷元、無死から2塁打、四球でピンチをつくってしまったが、後続を連続三振に打ち取り無失点、そして9回はマーティンが登板した。この西武戦は3連投である。その疲れもあったのか無死から安打、失策で無死1、2塁のピンチ、一死後から秋山にセンターに運ばれ一死満塁のピンチとなってしまった。ショートゴロの間に西武1点、二死2、3塁と一打同点のピンチであったが、サードゴロに打ち取り5-3で西武に勝利した。
これで昨年4月以来の7連勝、同一カード3連勝は今季初、貯金も今季初の2桁となった。特にここ2試合1番に座った岡は3試合連続マルチヒットを記録、6試合連続安打である。金曜日からソフトバンク戦であるがソフトバンク相手にも活躍してくれることを期待したい。
1か月後に迫ったリオ五輪のラグビー日本代表が発表された。男女ともリオ五輪を決めたメンバー中心であるが、男子はスーパーラグビーで大活躍しているサンウルブスの山田章仁が選ばれている。その他にも昨秋のワールドカップメンバーから福岡堅樹、藤田慶和らスピードスターも選ばれた強力体制、予選グループは強豪だらけであるが頑張ってほしい。
d0183174_09103311.jpg
サクラセブンズも怪我人の影響で13人の発表であったが個性派ぞろいの強者たちである。このちらも予選はカナダ、イギリス、ブラジルと強力だが上位2チーム以内にはいって決勝トーナメント進出を目指してほしい。
ウィンブルドン2回戦、錦織圭の試合は雨で順延となり今日以降に延期となってしまった。1回戦でもメディカルタイムアウトをとった錦織だけにこの休息をプラスにして体調回復に励んでベストとはいえないだろうがベターな体調で2回戦にのぞんでほしい。

[PR]
by motokunnk | 2016-06-30 09:12 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23260411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 青山通りのホテル準備室、そして... セパともトップは独走状態、日本... >>