日本ハム奇跡連発14連勝、そして選挙

参議院選挙が行われた。私は午前中に投票をすませたが、投票所は空いており待たずに投票することができた。
d0183174_09315542.jpg
そして午後は日本ハムの14連勝実現の瞬間をみようとTV観戦した。
ロッテの先発はスタンリッジ、この投手は日本ハム戦は好投しており試合も投手戦となるだろうと思っていた。しかし初回、大谷は明らかに不調にみえた。いきなり先頭打者にストレートの四球、一死後に連打をあびて一死満塁のピンチである。
このピンチを犠飛の1点におさえたのはラッキーであった。大谷は2回にも下位打線に連打され一死1、2塁とピンチを招いたが、遊直の併殺に切り抜けたのが大きかった。この後は悪いながらもロッテに追加点を与えない投球であった。
一方の打線も徐々にチャンスは作っていくがあと一本がでない展開で試合は7回を迎えた。一死後に死球を与えて出塁を許すと、続いて今度は四球を与えて一死1、2塁のピンチを作ってしまった。ここで大谷翔平、中指のマメをつぶしてしまったようで降板である。
ただ後を引きついtだリリーフが二死後に連打をあびてしまい4失点、0-5とリードを拡大されてしまった。残る攻撃のチャンスは3回、5点差を逆転するには厳しいと誰もが思った。しかし今年(最近)の日本ハムは違っていた。一死後に大野が粘って四球を選ぶと、岡が初球を打つと打球はレフトスタンドへ吸い込まれて今シーズンの初ホームランがうまれた瞬間であった。
d0183174_09312408.jpg
このところ一時の好調さが下向きだっただけに本人にとってもうれしい一発だったと思う。これで息を吹きかえした日本ハムは西川から中田までの4連打で4-5と1点差に追い上げて試合をわからなくした。しかし一死1、2塁で同点のチャンスに続く期待の田中賢介、レアードが凡退してしまったことは痛かった。
8回はロッテ、日本ハムともチャンスをつくるが得点までにはいたらず9回、日本ハムは宮西をマウンドに送った。勝ちパターンの投手を送り込むことで士気を高める狙いかもしれない。期待に応えて宮西は3者凡退で最後の攻撃に。
ロッテのクローザーは西野である。今シーズンは3勝5敗と好調とはいえない成績、そして日本ハムはクリーンアップ、期待がこてる打順であった。そして先頭の陽岱鋼の打球はライトフェンス一直線であったが、ファインプレイにはばまれてしまい、中田も遊ゴロで二死となり打席には田中賢介、誰もが敗戦を感じた一瞬であった。フルカウントまで粘った田中賢介の打った会心の打球はライトスタンド前列に飛び込む同点アーチであった。
d0183174_09313488.jpg
起死回生の一打とはまさにこのことをいうのであろうと思える一打であった。これで14連勝のチャンスはうまれた。延長にはいってから日本ハムが押し気味に試合を進めるが得点をあげることはできずに12回の攻撃をむかえた。無得点に終わっても引き分けで14連勝のチャンスは継続であるが、札幌移転後主催試合500勝達成はオールスター明けまで持ち越しである。
先頭打者はレアードであった。3-0となった瞬間、前日のことが思い出された。有利なカウントではフルスイングするレアードである。3-0からはスイングミスしてしまったが、続くボールをジャストミート、打球はレフトスタンド前列に飛び込むサヨナラアーチとなった。
まさに神がかり的な一発であった。これで14連勝達成と同時に札幌移転後の主催試合通算500勝達成である。試合開始が午後2時で修了が午後7時過ぎ5時間以上になる熱戦を制した日本ハムの力の凄さに魅入ってしまった。
d0183174_09314794.jpg
オールスターまで後3戦も連勝街道を驀進していきそうであるが、油断は禁物、今日のオリックス戦は満を持して吉川が先発する。オリックスも西武に連勝しているだけに要注意である。
さて参議院選挙の開票速報を引き続き観ていたが、投票締め切り直後から当選確実者が多数発表され、自公が大勝との前評判通りの結果となった。私の投票した候補者が当選したことが唯一の実績であった(反自公の候補に投票したので)。安倍首相は本当に憲法改正に邁進するのであろうか、今後の政治の動きにも注目していきたい。

[PR]
by motokunnk | 2016-07-11 09:34 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23287039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 球団新の15連勝、そして今度は... 岩隈、有原9勝、しかしサンウル... >>