有原10勝目、ハイランダーズ辛勝でベスト4進出

日本ハムはオリックスとの3連戦、有原航平が先発した。オリックスの先発は松葉、6月25日の試合と同じ先発投手の対戦である。その試合は日本ハムの大勝であったが、松葉もその後調子をあげており、投手戦が予想された。
有原は初回いきなり先頭打者に四球をだすが、後続はおさえてまずまずの立ち上がりだが制球力は今一歩のようだ。2回も連打で一死1、2塁のピンチをつくるが併殺で切り抜けた。そして3回も一死満塁のピンチでT-岡田をむかえたがここも併殺で無失点で切り抜けた。
打線はその裏、同じく一死満塁のチャンスをつくるが田中賢介の併殺打で無得点に終わってしまった。両チームともあと一歩の攻撃が続いた前半であった。
そして4回、有原が初めて三者凡退にオリックスをおさえると、その裏、陽岱鋼、中田の連打などで一死1、3塁と先制のチャンスをつくるとレアードが中前ヒットをはなって待望の戦先制点をゲットした。岡が四球で一死満塁のチャンスとなり、市川の内野ゴロの間に2点目がはいった。
d0183174_09170020.jpg
得点はこの2点のみであったが、有原も悪いなりに要所はおさえる我慢の投球で7回を無失点でおさえ、宮西、マーティンとつないでオリックスを零封して4連勝を飾った。ソフトバンクが勝ったのでゲーム差は変わらなかった。
今日の先発は高梨、イースタンの調整先発では大量失点してしまったが調子はどうであろうか、ちょっと心配ではある。
スーパーラグビーは決勝トーナメントがはじまった。昨年の覇者ハイランダーズはブランビーズとの試合である。土砂降りの雨の中、試合ははじまりまずハイランダーズはPGで3-0とリードした。しかしその後はブランビーズに2PGを決められ3-6と逆転される嫌な流れであった。
しかし前半35分過ぎにラインアウトのボールを奪ったハイランダーズはボールを展開して最後はWTBナホロがトライ、ゴールも決まり前半を10-6で折り返した。
後半にはいり、PGで10-9となったが、15分過ぎにパスカットしてボールをつないでCTBファデスがビッグゲイン、最後はNo8のスクワイアがトライを決めて15-9とリードを拡げた。
地元で頑張るブランビーズは残り5分となり、猛攻撃を開始、ハイランダーズゴール前まで押し込み、逆転を狙ったがハイランダーズ守備陣の堅い守りを崩すことはできずにノーサイドとなった。オーストラリア地区代表として唯一残っていたブランビーズが負けたことでオーストラリア勢はベスト8で敗退となってしまった。
d0183174_09170895.jpg
残る3試合は今日開催されるが、私の注目はライオンズ対クルセイダーズである。レギュラーシーズンはホームゲームを37-43と競り負けており雪辱に燃えていると思う。どんな戦いをするのであろうか。
都知事選挙も熱い戦いが続いているが昨日から都議会の補欠選挙が都内4区ではじまった。私の住んでいる渋谷区でも現職の議員が区長選に出馬(そして落選)したための補選である。3名が立候補しているが、そのうちの2名は前回の都議選から引き続いての立候補、他1名は区議からの転職である。
d0183174_09171639.jpg
前回の都議選は旧民主党が分裂選挙であったが、今回は民進党となってはじめての選挙、いずれの候補が当選するのであろうか。こちらも注目していきたい。

[PR]
by motokunnk | 2016-07-23 09:19 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23325860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 神がかり日本ハム逆転勝ち、スー... スーパーラグビープレイオフ開始... >>