競歩はドタバタ、史上初の銅メダル、バドミントンも史上初

史上初となるメダル獲得が続いている。まずはバドミントン女子シングルスで奥原希望が銅メダルを獲得した。ただこの銅メダル、本来であれば3位決定戦で決着をつけるはずであった。
d0183174_08545749.jpg
しかし対戦相手の中国選手が足の怪我で棄権したため3位決定戦は行われずに奥原希望の3位、銅メダルが確定した。本人にしてみれば試合をして決着をつけたかったであろうが、記録としてはオリンピック3位として残るわけでありめでたいことである。
今後は東京オリンピック目指して、東京では金メダルを取ってほしい。
陸上の50km競歩をTV観戦した。最初から最後まで競歩の試合を観るのは初めてだが、競歩というものは奥が深いと思った。スタートしてすぐにフランスの選手が飛び出して独走したが30kmを過ぎると立ち止まってしまった(その後完歩≪競歩では完走ではなく完歩というそうだ≫して8位入賞!)。荒井は終始トップを負う第1集団にとどまりレースをしたことがよかった。
30km以降はスパートする選手も多数いたが、いずれの選手もその後失速して集団に飲み込まれてしまい誰もに優勝のチャンスがあるレースであった。残り2kmとなった時点で荒井は3位であった。しかし4位のカナダの選手が迫っており予断は許されない展開、その後1km付近でカナダ選手に抜かれてしまったが荒井は背走してチャンスを狙い、カナダ選手を追い抜き3位を奪還した。
その後カナダ選手がバランスを崩し、それに乗じてリードを拡げて3位でゴール、見事に競歩競技で初めてのメダルを獲得した。ところがカナダチームからクレームがつき、カナダ選手を妨害したと判定され失格となってしまった。日本チームも再抗議して判定は元に戻り銅メダルが確定したが、レース後のドタバタで一喜一憂のレースであった。
d0183174_08543656.jpg
観戦していて競歩という競技の駆け引きなど面白い面を多々解説してもらい、私もにわか競歩ファンとなってしまった。今日は男子400mリレーがこれから行われる。予選2位通過の日本チームにメダルの期待がかかる。どんなレースをしてくれるのか楽しみである。
パリーグ首位攻防戦、日本ハム対ソフトバンクは0-3で日本ハムが敗れてしまった。必勝を期してチームの勝ち頭の有原が先発したのだが、立ち上がり制球が定まらないところを2発浴びてしまったことが敗因であった。3回以降はソフトバンクを無失点におさえただけに悔やまれる1球(2球)であった。
d0183174_08544925.jpg
今日は連敗ストップをかけて高梨が先発予定である。初完封後初めての登板、またどんな投球を魅せてくれるのか楽しみである。
月間MVP候補選手が発表され、日本ハムからは投手部門で増井、石井の両投手がノミネートされ、野手部門では大谷翔平がノミネートされた。
右手指のマメの影響で8月はDH出場が続いており、5本塁打と打撃も好調、投手部門では6月に受賞しており、野手部門でも受賞すると史上初の快挙だそうだが、勝利に貢献する活躍をしていれば自ずとタイトルは取れるもの、今日の試合での活躍を期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-20 08:57 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23421835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 素晴らしい記録と順位、男子40... 今日から天王山の3連戦、バドミ... >>