素晴らしい記録と順位、男子400mリレー、日本ハムは連敗

リオ五輪陸上男子400mリレーはまさしく鳥肌のたつレースであった。予選結果から日本チームのメダル獲得は可能性があると思われた。
そして決勝、日本はジャマイカの隣の5レーン、アメリカは3レーンであった。日本の4選手はスタートが抜群の山縣が第1走者、中間走が速い飯塚が第2走者、カーブワークが得意な桐生が第3走者、そして勝負強いケンブリッジがアンカーと4選手がそれぞれの特徴を活かした順番で臨んだレースであった。
d0183174_09080240.jpg
実際に結果をみると4選手がベストをだしていたことがわかる。誰と言わずに4人の総合力が銀メダル獲得の原動力であった。そして結果としてアメリカは失格となってしまったが、実力でアメリカに勝利したことは大きいと思う。
ボルトが引退し、100mは混戦が予想される。その中での400mリレー2位は東京オリンピックでのメダル獲得を予感させる。
100mファイナリストなし、9秒台の選手ゼロの日本チームではあるが、4年後にはオール9秒台、ファイナリストも複数名で400mリレーに挑んでほしい。
ソフトバンクとの直接対決で日本ハムはまさかの連敗である。昨日の試合、高梨が我慢のピッチングで6回1失点におさえて降板するとその裏、大谷翔平が魅せてくれた。低めの球をちょんとあてた打球は右中間中段のスタンドに吸い込まれて行った。
d0183174_09081013.jpg
打たれたソフトバンクの千賀も驚く一発であった。失投ではない、どちらかといえばいいコースをついた投球であったと思う。その球をスタンドまで運ぶ大谷翔平は別次元の選手といえる。
2-1と逆転した日本ハムであったがリリーフの宮西が再逆転の一打を打てれて2-3で負けてしまった。今日負けるとソフトバンクにマジックが点灯してしまう重要な一戦、大谷翔平の大活躍が期待される。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-21 09:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23423893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 総力戦でマジック点灯阻止、イン... 競歩はドタバタ、史上初の銅メダ... >>