横浜でゴジラ展覧会、日本ハムは70勝、そして週末からはトップリーグ

横浜・ランドマークタワーで「大ゴジラ特撮王国」が開催されているので昨日出かけてきた。ランドマークタワー隣にプラザがあるのは知っていたが、その5階にホールがあることは知らなかった。
d0183174_08595832.jpg
5階の飲食街は利用したことがあるし、本屋さんも行ったことがあっただけに、その中間の奥まったところには気がつかなかった。「シンゴジラ」の公開に併せて展覧会が開催されたようで、歴代ゴジラの頭部の模型から展示はスタートしていた。
いろいろなゴジラの展覧会はあるが、今回の目玉は複数のジオラマだそうだ。ジオラマを前にして夏休み期間とあって親子連れが多く、子どもを立たせて記念撮影というシーンを数多く見つけた。当然「シンゴジラ」も飾られており(わざわざ作成した?)、イラストも各種展示されていた。
d0183174_09000570.jpg
d0183174_09001382.jpg
d0183174_09002180.jpg
メカゴジラも当然あり、機龍の操縦者たちが着ていた制服も飾られていたのには驚いた。大迫力の展覧会であった。
日本ハムはロッテと対戦した。試合に勝ってソフトバンクが負けると首位である。この試合も初回に日本ハムが先制した。一死からの連打で1、3塁のチャンス。内野ゴロの間に1点を先取した。
しかし日本ハム・先発の吉川が不安定であった。毎回ランナーをだす投球、2回に逆転されてしまうが、日本ハムもすぐ同点に追いつき、4回には犠飛で勝ち越し点をあげた。5回にまたまた同点に追いつかれたしまうが、ここからリリーフ陣が踏ん張った。白村、谷元、石井、マーティンの4投手が無失点リレーである。
打線は8回、二死からレアードがこの日3本目のヒットを放つと死球、四球で二死満塁のチャンスをつくり杉谷が決勝タイムリーを放ち5-3で勝利した。これでパリーグ70勝一番乗りである。
d0183174_09002953.jpg
引き分け数の関係で厘差での2位であるがしっかりとソフトバンクを捕まえている位置にいる。今日の先発予定は増井である。先発転向後は好投が続いており、ぜひ今日も好投して勝利をつかんでほしい。
そして明日からはラグビー・トップリーグがはじまる。昨年のW杯に続いてリオ五輪でもラグビーは大活躍し、人気も急上昇しているようだ。金曜日から開幕であるが、開幕カードはパナソニック対ヤマハ、サントリー対近鉄の2試合である。
注目カードは何といってもパナソニック対ヤマハである。連覇中のパナソニックであるが、連覇に驕ることなく、補強も素晴らしい。セブンズ日本代表の福岡堅樹、藤田慶和、オーストラリア代表のCTB/WTBタンゲレ・ナイヤラボロ、学生王者・帝京大学卒のHO坂手淳史、CTB森谷圭介らの新戦力をどう使うのか、ひょっとして日本代表ができてしまうのではと思える豪華メンバーである。
ただラグビーはチームスポーツであり個々の能力に差があっても勝てることはその日本代表が証明している。五郎丸の抜けたヤマハがどんな戦術で王者パナソニックに挑んでいくかが見ものである。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-25 09:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23432916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本ハムついに首位、トップリーグ開幕 再び接近、全米オープンの錦織は... >>