日本ハムついに首位、トップリーグ開幕

3連勝を目指して日本ハムは増井が先発、ロッテは怪我の唐川に変わって古谷が先発である。3連戦は初回にいずれも先制点をあげており、この試合も期待があった。すると1番にはいった陽岱鋼がいきなり2塁打、西川のバントで一死3塁のチャンスをつくった。
これで先制点は間違いなしと思ったが、大谷の投ゴロで陽岱鋼が飛び出してしまい、チャンスは潰えてしまった。しかし二死2塁から中田がレフト前に運んで先制点を挙げることに成功した。流れは日本ハムに向いているようだ。
先発の増井は立ち上がり、岡田に内野安打を打たれてしまうが続く角中を併殺に仕留めてまずまずの立ち上がりであった。
試合が動いたのは3回であった。先頭打者の陽の打球は投手を強襲、古谷の左手を直撃(骨折の重傷であった)した。古谷の送球が暴投になったのはそのためであったと思われる。無死3塁から西川のタイムリー2塁打、中田の2打席連続のタイムリーと続き、最後は二死1、3塁から1軍復帰した石川慎吾がしぶとくライト前に運んで試合を有利に進める追加点を奪取した。
4-0と4点のリードをもらった増井は制球よく3回以降は無安打で快調にゼロ行進を進めていった。7回二死から連打で失点したが8回まで100球未満での投球で9回のマウンドにあがった。
先頭打者に内野安打を打たれてクリーンアップをむかえたがクローザーの経験が活きたのか、三進、飛球、内野ゴロで3人を仕留めてプロ入り初完投勝利を手にした。
d0183174_09012703.jpg
試合終了時点では同点であったソフトバンク対楽天戦であったが、8回裏にソフトバンクが1点を勝ち越し、5-4とリードした。しかし9回のマウンドにあがるのはサファテ(第1戦で怪我をしてしまった)ではなくスアレスであった。1点リードの重圧からか制球がイマイチで一死1、2塁のピンチを招いてしまい、茂木の打球はセンター前へのライナーであった。これを判断を間違えた柳田が後逸してしまい楽天が5-7で勝利し、この結果日本ハムが首位に躍り出た。
シーズン途中でクローザーから先発に転向した増井、その増井は先発するたびに好投し、ついにこの日は初完投、栗山監督の英断がひかった試合である。首位にたっても今日負けてしまえば意味がなくなる。
今日は有原が先発予定、8月に入って勝星なしと運にも見放されているだけに打線が奮起して先制するような試合展開をしてほしい。西武の先発予定は菊池である。その菊池キラーの石川慎吾がロッテ戦で1軍復帰しすぐタイムリーをはなったことは明るい材料である。先発ライトで起用することが予想されるので、ぜひ菊池キラーぶりを発揮して勝利に邁進してほしい。
トップリーグも今日からスタート、パナソニックはルーキーSOの山沢が先発する。エディ・ジョーンズ元日本代表HCをして2019年W杯の日本代表中心選手と言わしめた逸材である。どんなプレイを披露してくれるのか楽しみである。
そしてリオ5輪で女子選手としては史上初の4連覇を達成してレスリングの伊調馨選手に国民栄誉賞を贈ることが検討されているそうである。レスリング界にとっては吉田沙保里選手に続く快挙である。
今日も夜はスポーツ満載である。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-26 09:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23435000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 初回の攻防がすべてだった日本ハ... 横浜でゴジラ展覧会、日本ハムは... >>