価値ある1発大谷20号、トップリーグ第1節は好試合続出

ディゲームでソフトバンクがロッテに大勝しており、この試合に負けるとチームの勢いが止まってしまう危機をむかえた日本ハムは敵地での西武戦であった。この日も体調不良で前日の試合を欠場した大谷翔平はベンチスタートであった。代役は近藤であるが昨年のチーム首位打者には昨年の輝きが今ひとつなところが懸念材料である。
さて日本ハムの先発は高梨、西武先発は高橋光成であった。初回から日本ハムは高橋光成を攻めて二死満塁まで攻め込むが無得点に終わってしまった。
先制点は日本ハム、2回二死から不振の中島が中前ヒットで出塁し、ワイルドピッチの間に二進、陽岱鋼のライト前ヒットで先制のホームを踏んだ。
しかし先発の高梨が不調であった。先制直後に3連打であっさり同点に追いつかれると続く3回には連続四球で無死1,2塁とピンチをつくってしまい浅村に勝越し2塁打を打たれてしまった。この後犠飛で1点を追加され1-4とリードを拡げられてしまった。
日本ハムにとって嫌な流れである。ただ試合の流れは守備からという言葉もあり、4回の高梨は西武を三者凡退に片付けた。そして5回表の大反撃へとつながっていった。この回先頭の近藤が内野安打で出塁すると、中田もレフトに運んで無死1、2塁とし田中賢介は1塁ゴロ、併殺かと思われたが遊撃手が捕球ミスして無死満塁のチャンスとなった。
ここで初回に三振しているレアードの登場である。2ボール後の甘い直球を強振した打球はレフトスタンドにとどくグランドスラム、この一発で5-4と試合をひっくり返すとともに流れも一気に呼び寄せた。
5回裏、西武も安打で無死1塁と反撃のチャンスをつくるが盗塁失敗で高梨を立ち直らせてしまった。6回一死1塁でマウンドは石井にチェンジ、石井が後続をおさえて、宮西、谷元と無失点リレーで勝ちパターンの試合を作り上げていった。
ただ1点差ゲームはなにがおこるかわからない。9回一死から大谷が代打で出場した。2ストライクを取られるまでは長打を狙っていたという大谷は3球目を強振するとバックスクリーンに飛び込む20号ホームランとなり、試合を決定づけた。中田にも18号がでて3安打の活躍となった。
d0183174_09151803.jpg
まだまだ続くソフトバンクとの首位攻防であるが、ロッテが5連敗、4位の楽天が逆転勝ちをおさめたので楽天にも自力で3位となる可能性がでてきた。6連勝を目論んで挑んだ日本ハム、ソフトバンク戦であったがここまでは5連敗、最後の試合に意地をみせられるであろうか。
ラグビートップリーグの第1節残り6試合が行われた。金曜日の2試合が1点を争う好ゲームだっただけに6試合にも期待していたがいずれの試合も好ゲームであった。d0183174_09152789.jpg
注目していた東芝対クボタは1点を争う試合となり、前半を10-8とリードして折り返すと後半一旦はクボタに10-14と逆転されるがWTB松岡の活躍もあり最後は23-20でクボタに勝利、幸先のよいスタートをきった。
この試合はリオ五輪で大活躍した7人制ラグビー日本代表の徳永がフル出場したほか、SOには新人の田村が出場、後半16分、技ありの飛ばしパスで逆転のトライを演出するなどの活躍であった。この田村、日本代表で田村優の弟だそうだ。昨日はNECは負けてしまったが、兄弟そろっての活躍がみられそうだ。
8試合行われた第1節、そのうち4試合が7点差以内の好ゲームであった。NHKも試合を生中継するなど2019年W杯にむけてラグビー界は視界良好のようである。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-28 09:18 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23439156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本ハムは逆転負け、そして全米... 初回の攻防がすべてだった日本ハ... >>