日本ハムは痛い敗戦、錦織は初戦勝利、そして台風10号

優勝目指すには勝つことが一番の日本ハム、楽天と東京ドームで対戦した。先発のバースが立ち上がりいきなり4連打されてしまい3点のビハインドで試合ははじまった。
楽天先発の菊池も出来はそれほどいいわけではなかったが打線はちぐはぐな攻めであった。3回に近藤、中田(これで3試合連続で5年連続の20号)の一発で1点差に追い上げ、4回も一死1、2塁と同点のチャンスをつくったが近藤、大谷にタイムリーはなかった。
d0183174_09100858.jpg
すると5回にバースが打たれてしまい、リリーフ陣も打たれて大量6失点、これで試合は決まってしまった。両軍ともに13安打を放ったが日本ハムは2点のみ、打線のつながりに差がでた一戦であった。
ソフトバンクが勝利したので、ゲーム差は0.5となり、今日の試合結果いかんではソフトバンクにマジックが点灯してしまうこととなった。先発予定はメンドーサ、比較的相性のよい東京ドームでの快投を期待したい。
錦織圭の全米オープンがはじまった。1回戦の相手はベッカーである。立ち上がりいきなりブレイクでスタートした錦織はわずか24分でこのセットを6-1で奪取、第2セットも第1ゲームこそ0-40とブレイクポイントを握られるがこのピンチをしのいでからは錦織のペースとなりこのセットもあっさり6-1で奪取し試合時間はここまで50分たらずであった。
このまま第3セットも錦織があっさりとると思われたが、ベッカーも意地をみせ第8ゲームをブレイクする。ブレイクバックのチャンスもあったがこのセットは3-6で失い、嫌な流れとなってしまった。
d0183174_09101808.jpg
第4セットも第3ゲームをブレイクされてしまうが続く第4ゲームをベッカーに2度のダブルフォルトがありブレイクバックすると最後は第8ゲームをブレイクして6-3でこのセットを奪取、セットカウント3-1で初戦を突破した。
この勝利で4大大会通算勝利で日本人歴代2位タイとなった。2回戦の相手はロシアのカチャノフである。女子では奈良くるみが4年連続しての初戦突破である。
迷走していた台風10号は昨日午後に岩手県に上陸したが、台風が東北地方の太平洋側に上陸したのは、気象庁が昭和26年に統計を取り始めてから初めてのことだそうだ。確かに台風が上陸してから東北地方を縦断することはあっても太平洋地域から上陸するのは記憶にない。
d0183174_09102515.jpg
この台風、その後は温帯低気圧に変化したが、東北・北海道地方に大雨をもたらし、各地で河川の氾濫などの被害が発生している。雨がやんだからといっても油断は禁物、これからも注意が必要だ。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-31 09:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23446174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本ハム失速3連敗、大坂なおみ... 全米オープン、大坂がシード選手... >>