日本ハム失速3連敗、大坂なおみは3回戦進出、そして防災の日

日本ハム3連敗である。この日は寝違えから約1か月ぶりの登板となったメンドーサであったが、失投をことどとく打たれてしまった。d0183174_09114382.jpgまず2回、一死1塁でペゲーロを追い込みながら甘く入ったボールをライトスタンドに運ばれてまず2失点、そして3回は四球とヒットで無死1、3塁とピンチをつくってしまった。
しかし続く打者をポップフライに打ち取り、ウィラーも追い込みながら粘られフルカウントからのボールをレフトスタンドまで運ばれてしまった。これで0-5と試合を決定づけられてしまった。
打線もその裏に反撃し、大谷、中田の連続タイムリーなどで3-5と追いすがったがすぐに直後に追加点を取られて万事休すであった。その後も失点して終わってみれば4-13の大敗であった。
ソフトバンクがまさかの逆転負けをきっしたので自力優勝のメはかろうじて残ったが、今までの好調さを支えていたリリーフ陣が3投手すべて失点してしまっただけにちょっと気掛かりな敗戦であった。ソフトバンクも守護神のサファテが足の怪我の影響かメンタル面かリリーフに失敗してしまったので助かってはいるがソフトバンク打線は好調さを取り戻しているので連敗はしないと思われる。
より一層の奮起が日本ハムには求められる。今日は増井が先発予定、ここ数戦のような見事な快投を期待したいものである。
全米オープン女子2回戦、大坂なおみが出場した。対戦相手は大坂と同じ予選勝者のドゥアンであった。第1セットは先にサービスゲームをブレイクされてしまったが第7ゲームをブレイクバックするとここから4ゲームを連取して6-4で第1セットを先取する。
d0183174_09112873.jpg
第2セットは第1ゲームから4連続ゲームを先取して4-0とリードするが、ちょっとした油断か続く5ゲームを連続して落としてしまい5-6とされてしまった。続くゲームを取りタイブレイクに持ち込むと最後は相手のミスもありタイブレイクを7-3で制してグランドスラム大会で3大会連続しての3回戦進出を決めた。
3回戦では第8シードで世界ランク9位のマディソン・キーズと同87位のバニア・キングの勝者と対戦する。
一方の男子では波乱があった。この大会、シード選手が負ける試合が続いているが今度はなんと第5シードのラオニッチが負けてしまった。予選勝者のハリソンに7-6 (7-4)、5-7、5-7、5-7、1-6の逆転で敗れる波乱に見舞わた。
18本のサービスエースを決めたが同じく15本のダブルフォルトもあり、ミスが目立って自滅してしまったようだ。錦織圭は今日試合予定だが格下とはいえ油断は禁物、ミスを減らして試合をコントロールして勝ってほしい。
そして今日は防災の日である。防災の日は1960年に制定されたが、1923年に発生した関東大震災にちなんだものであることはよく知られている。
d0183174_09113644.jpg
今年も防災の日に併せて各所で防災訓練が行われていおり、首相官邸でも午前7時から防災訓練が開始されているようである。地震などの自然災害は毎年起こっているので防災の意識を持ち続けることは大切である。

[PR]
by motokunnk | 2016-09-01 09:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23448792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本ハム連敗ストップ、錦織は3... 日本ハムは痛い敗戦、錦織は初戦... >>