日本ハム3連勝ならず、女子野球ワールドカップ5連覇、中上3位

昨日もスポーツ満載であった。まずプロ野球、セリーグは広島の優勝が決まったが、パリーグが日本ハムとソフトバンクのマッチレースである。日本ハムは楽天に3連勝して首位固めをしたいところである。
先発は加藤であった。初回、大谷が二死からヒット、中田四球でチャンスをつくると田中賢介のタイムリーで先制点をゲットした。ただこの試合の加藤はちょっとおかしかった。その裏、連続して一発をあびてしまい、1-2と逆転されてしまった。
d0183174_09045390.jpg
その後はなんとか無失点におさえて3回にこの日が誕生日のレアードに一発がでて同点に追いついた。ここからいつもの日本ハムであれば攻撃が続くのであるが、この試合は流れが楽天に向いていた。その裏、無死からヒットでチャンスをつくると二死1、3塁から3連打で4点を奪われてしまい試合を決定づけられてしまった。
反撃も9回に中田のタイムリーで2点をかえすのみで4-9で敗戦、ソフトバンクが勝利したのでゲーム差は再び0.5となった。
火曜日からは札幌ドームで6試合が予定されている。ここで一気に勝星をのばして首位固めといきたいところだ。
女子野球のワールドカップが開催されている。女子も日本代表が選抜されているが、男子と違って女子は世界に敵なしでワールドカップ4連覇中でそうである。それも単なる4連覇ではなく、全勝での4連覇らしい。
今年はワールドカップは韓国の釜山で開催されているが、予選から7連勝し決勝にすすんでいる。決勝の相手はカナダである。女子野球で知っている選手といえば、金由起子である。北海道出身で以前日本ハムの稲葉と友好関係があるということで札幌ドームの試合観戦に来ていたところをインタビューされていたのを記憶していた。
d0183174_09050105.jpg
その程度の知識であったが、日本代表選手はなかなかの実力の持ち主揃いだそうだ。また兄弟が野球選手という選手もおり、捕手の船越千紘の兄は広島カープの船越涼太、そして川端友紀の兄はヤクルトの川端慎吾である。
その試合であるが、2回に捕手の船越千紘のタイムリーで先制した日本は3回には相手のエラー、川端の犠飛などで大量5得点をあげ、勝利をほぼ手中におさめた。先発の里は7回を無失点におさえ、見事にワールドカップ5連覇を21連勝という連勝記録のおまけつきで達成した。
MotoGPサンマリノGPも開催された。Moto2クラスの中上貴晶は予選2番手からのスタートである。各予選セッションで好タイムをマークしていただけに決勝での走りも期待できた。しかしその期待もスタート直後に終わってしまった。
d0183174_09050819.jpg
スタート直後の1コーナーでオーバーランを喫し、その後、序盤にペースが上がらず8番手までポジションを落としてしまい、優勝のチャンスはなくなってしまった。それでも8番手から徐々にポジションを挽回していき最終的には3位、2戦連続して表彰台を確保した。
優勝は逃したが2戦後の日本GPにむけていい流れを保つことはできたと思われるサンマリノGPであった。

[PR]
by motokunnk | 2016-09-12 09:06 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23482928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< NFL開幕、ペイトリオッツ辛勝... 秋祭りとスポーツの秋 >>