米大統領選、トランプ候補の痛手となるか、そして日本ハムは紅白戦

後1か月にせまった米大統領選挙、クリントン氏、トランプ氏いずれの候補が大統領となるのか予想が難しい状況のようだ。そんな中、トランプ氏に不利な報道が続いている。
TV討論会でクリントン氏に指摘された確定申告の公表問題、それに対する「税逃れは賢い」という文言に対して批判のキャンペーンがはられている。
d0183174_09275142.jpg
時期を同じくしてトランプ氏の慈善団体「トランプ財団」が、適切な認可をを受けないまま寄付金集めや勧誘活動をしていたことが州法に違反するとして、州内での活動を差し止める命令が出されてしまった。
トランプ氏については暴言でも問題が露見しており、9日に開催される第2回目のTV討論会でどんな発言をするかが注目である。失言を繰り返して一気に人気下落となってしまう可能性もある。
先日パリーグ制覇した日本ハムの栗山監督インタビューを聞いていて納得することがあった。それはインタビューアーの「何故大谷翔平をほめないのか」という問いに対しての答えであった。
「100の才能がある選手が80の才能を出して完封したとしても人は褒めないのと同じで大谷翔平の能力は計り知れないものがある。それで私は褒めないことでその才能を極限まで出させようとしている。ただ優勝決定の試合で大谷翔平は100%近い能力を発揮したと思うので褒めただけだ。」
こんなニュアンスのことを発言していたと思う。大谷翔平の能力は計り知れないレベルにあることを暗示しているようにも思え、今までのプロ野球選手という枠では測れない規格外の能力を持った選手といえるかもしれない。
その大谷翔平、今日の非公開の紅白戦で登板するようである。どんな投球をしてくれるのか注目である。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-05 09:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23532314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 好事魔多し、錦織まさかの途中棄... NFL第4週はエースQBの厄日... >>