バースディゴールで初勝利W杯へ前進、TNF、そしてトップリーグ

W杯最終予選、いまだホームで勝利がない日本代表はイラクと対戦した。イラクはリオ五輪に出場した若いメンバーながら国際試合経験豊富であり、侮れないチームである。
2連敗と日本同様3戦目での勝利は必須となっているだけに開始直後からアウェイ戦とは思えない攻撃的姿勢であった。最初のシュートはイラクであった。前半3分にCKからのヘディングシュート、ポストに助けられたが決定機であった。
その後は日本代表が攻め、イラクが守る時間が多く、日本が先制点をあげたのは26分であった。自陣で敵ボールを奪うと、清武がドリブルで敵陣に運び、本田、そして清武、仕上げは原口とつないでゴールを決めた。見事な連携でゲットしたゴールであったが、前半はこの1点しかとることはできなかった。
後半も日本は攻め続けるが追加点はなかなか入らず、逆に15分にFKから頭で決められて同点に追いつかれてしまった。そして勝越し点をねらってイラクゴールを攻め続けるがなかなかネットをゆらすことはできなかった。
後半もロスタイムとなり、吉田が倒された得たFK、清武がゴール前に蹴りこんだセカンドボールを山口がミドルシュート、ボールはイラクディフェンスの間を抜けてネットに吸い込まれた。地を這うような見事なゴールであった。
d0183174_08581332.jpg
これで2-1となり、W杯アジア最終予選でホーム初勝利、勝点を6とした。山口にとってはこの日が誕生日、自らを祝うバースディゴールが決勝点となった。次戦はアウェイでのオーストラリア戦、勝利すると首位が見えてくる大事な一戦の前にこの勝利、勢いがつくこと間違いなしである。
さてNFLも第5週、TNFではカージナルスが49ersと対戦する。1勝3敗と出遅れてしまいここは勝たなければいかねい試合であるがエースQBパーマーは前の試合で脳震とうを発症、この試合を欠場することとなってしまった。同地区のライバル対決、ましてアウェイでの戦い、どんな試合になるのか楽しみな一戦である。
その他、4連勝中のブロンコスは好調のファルコンズ、バイキングスもテキサンズと3勝1敗のチームとの対戦である。このチームを撃破すると早くもプレイオフ進出が見えてきそうだがどうなるのであろうか。また今週からペイトリオッツのQBブレディが復帰する。こちらもどんなプレイを魅せてくれるかが楽しみである。
一方トップリーグも第6節、注目のカードは宗像サニックス対サントリーの一戦である。先週強豪の東芝を破って波に乗る宗像サニックス、サントリーも撃破するとなるとトップリーグ台風の目となりそうである。土曜日に行われるこの試合、どちらが勝つのかこちらも注目だ。
そして土曜日からプロ野球はクライマックスシリーズがはじまる。セは巨人対DeNA、パはソフトバンク対ロッテの対戦、いずれのチームが勝あがるのであろうか。
参考URL → 最終予選ホーム初勝利・写真転載サイト
参考URL → 第5週の見どころ
参考URL → 第6節の見どころ

[PR]
by motokunnk | 2016-10-07 08:59 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23536540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< NFL・TNF、増井が月間MV... 好事魔多し、錦織まさかの途中棄... >>