日本ハム連勝、NBAは明暗、そして錦織はベスト8進出

日本シリーズ第4戦が行われた。これに勝って五分の対戦成績としたい日本ハムと一気に王手をかけたい広島、日本ハムの先発は高梨であった。
CSではいい投球ができなかっただけにこの一戦にかける思いはひとしおであったと思う。立ち上がりからエンジン全開であった。打線は初回からチャンスをつくるが、タイムリーがでない展開で特に2回は一死満塁のチャンスをふいにしてしまう拙攻が目立つ試合内容であった。
高梨は無安打に広島打線を抑えていくが、微妙な制球が定まらないのか四球も多かった。そして4回、丸に四球(盗塁失敗)、続く新井にも四球を出してしまった。二死をとり、エルドレッドを打ち取ったが、センター、ライト、セカンドの中間に高くあがった飛球を近藤が落球してしまい、無安打ながら失点してしまった。
広島先発の岡田は2回のピンチを切り抜けると、4、5回は日本ハム打線を三者凡退に打ち取り、調子を上げてきた。日本ハム敗色濃厚な展開であった。しかし6回、先頭打者の中田が初球を振りぬくと打球はレフトスタンド一直線!これで1-1の同点に追いついた。
ここから両チームのブルペン陣が登場したが、8回裏登板したジャクソンは第3戦で一時逆転となるタイムリーを打たれた中田に四球を与えてしまった。
d0183174_09303976.jpg
近藤は残念ながら凡退、続くレアードは追い込まれてしまった。しかし1-2から4球目、甘く来たスライダーを逃さず強振すると打球はバックスクリーン左に飛び込む2ランとなった。これで3-1と日本ハムがリードした。
9回は宮西が登板した。一死後には岡のスーパープレイがでてピンチを未然に防いだのが大きかったと思う。
d0183174_09305690.jpg
その後二死満塁となったが最後の打者丸を三振に打ち取り、日本ハムが3-1で勝利し対戦成績を五分に戻した。
今日の先発予定、日本ハムは加藤である。CSでは初回に4失点で降板しているだけに高梨同様、気合いが入っていると思われる。後のことは考えずに目の前の打者を打ち取ることだけを考えて投球してほしい。
ATP500・スイス室内の2回戦、錦織の相手はロレンツィであった。第1セットの第2ゲームからブレイクポイントを握った錦織であったがなかなかゲームをブレイクすることはできなかった。
結局6度のブレークポイントを取りながら、1度も決められず試合はタイブレイクにすすみ、7-3でタイブレイクを制して錦織が第1セットを取った。
d0183174_09304720.jpg
第2セットも錦織ペースで試合はすすみ、第3ゲームをブレイクすると第7ゲームもブレイクし、このセットを6-2でとり、ベスト8に進出した。ベスト8進出は5年ぶり2回目のことである。ゴフィンとデルポトロの勝者とベスト4をかけて戦うこととなった。第1セットを果敢に攻めていけば勝機はあると思うので頑張ってほしい。
NBAも開幕したが、昨年のイースト、ウェストカンファレンスを制したキャブス、ウォーリアーズは真逆の開幕戦であった。
初優勝したキャブスはチャンピオンリングセレモニーが試合開始前に行われ、チャンピオンリングをつけて記念撮影をした余韻そのまま試合に突入し、第1Qから試合をリードし117-88でニックスに勝利し、開幕戦を勝利で飾った。
一方のウォーリアーズであるがこちらは地元開催にも関わらず、スパーズに100-129で大敗してしまった。地元で抜群の強さを魅せてきたウォーリアーズ、ちょっと気になる出だしである。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-27 09:32 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23578171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本ハムサヨナラ勝ちで日本一に... 日本ハム反撃の1勝、そしてNBA開幕 >>