まだまだ続く栗山采配の分析

日本ハム・栗山監督の生出演が目白押しである。昨日はNHK「クローズアップ現代+」に出演していた。その前半15分程度は大谷翔平の起用法について語っていた。
過去のVTRも含めての編集であったが、その中で大谷翔平は栗山監督でなかったら日本ハムにはいっていなかった、そして来年こそ活躍して恩返しをしたいと発言していた。
d0183174_09230802.jpg
ちまたではポスティングでMLB移籍がささやかれているが、大谷翔平個人としてはどうなのであろうか。
来シーズンの話をすると鬼が笑うが、個人として20勝、20本塁打をマークし、日本ハムも連覇を達成したらMLB移籍が現実のものとなってくるのではないだろうか。ただそのハードルはかなり高いことだけは確かである。
そして後半部分は栗山監督の今シーズンの采配についてNHKなりの分析がされていた。特に15連勝中の日替わり先発オーダーについて着目していた。
d0183174_09225333.jpg
今シーズンの躍進は栗山監督を中心としたスタッフの頑張りにあると思う。来シーズン、どのような采配を魅せてくれるのか楽しみである。

[PR]
by motokunnk | 2016-11-02 09:24 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23591071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 錦織ATP1000初制覇へ発進... NFL第8週、ペイトリオッツが... >>