NFLも13週、大谷が契約更改

9月にはじまったNFLも終盤第13週をむかえ、早くもプレイオフ進出チームが出た。NFC東地区のカウボーイズである。今シーズンはエースQBのロモを怪我で欠くシーズンではあったが、新人のプレスコットが大活躍、開幕戦こそ1点差でジャイアンツにまけてしまったがその後は破竹の11連勝をかざり、プレイオフ進出第1号となった。
6連勝中のドルフィンズであったが、アウェイでのレイブンズ戦は完敗であった。先制されたものの直後の攻撃はテンポよく進み、44ヤードのFGさえ決まっていれば試合はどうなったかわからなかった。
また第2Q開始直後、レイブンズゴールに迫りながらQBタネヒルのエンドゾーンへのパスをインターセプトされてしまったことも敗因であった。タネヒルはこの試合、3度インターセプトされたしまう乱調でこれでは試合に負けても当然である。負けたといっても7勝5敗、まだまだプレイオフ進出の望みはある。
MNFではNFCのシーホークスとパンサーズが対戦した。昨年のNFCチャンピオンであるパンサーズは4勝7敗とプレイオフ進出に負けられない試合であるが、MLBのキークリーを欠く試合、ディフェンス面が心配される。シーホークスは7勝3敗1分とNFC西地区首位、地元でも連勝中と好調ではあるが前の試合はTDが取れずに敗戦している嫌な流れであった。
d0183174_08560163.jpg
しかし試合は一方的な展開となった。パンサーズの最初の攻撃をインターセプトしたシーホークスがFGで先制、その後もTDを加え、10-0とリードした。パンサーズの反撃は第2Q、QBニュートンからのロングパスが通ってのTDで10-7と追い上げたところまでであった。
その後はQBラッセル・ウィルソンに指揮されたシーホークスにいいように試合をコントロールされ、大量40点を取られてしまった。シーホークス圧勝で8勝目をあげプレイオフに一歩前進である。ただ試合中にディフェンスの要であるアール・トーマスが怪我をしてしまった。試合後のプレスリリースによると足の骨折だそうだ。チャンスラー、シャーマン、トーマスの守備3枚看板の1枚が欠けてしまったシーホークス、どこまで守備の立て直しをしていけるかが唯一の課題である。
日本ハムの大谷翔平が契約更改を行った。来シーズンの年棒は2.7億円だそうだが、金額に無頓着な大谷にとっては球団がMLB移籍を容認したことがうれしかったのではないか。
d0183174_08561470.jpg
もともとMLB志向が強かっただけにMLBへの路が本人の希望ひとつでOKというお墨付きをもらえたことが一番のプレゼントであろう。今オフには昨年に続き、ダルビッシュと自主トレをしており、自主トレに参加した田中将大とのキャッチボール写真も公開されていた。世界一の選手になることが目標の大谷翔平、来年はどんな活躍をしてくれるのであろう、今から待ち遠しい。

[PR]
by motokunnk | 2016-12-06 08:57 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23692495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 温泉マークは継続利用となりそう... バドミントン全日本、ラグビート... >>