ヤマハ、サントリー11連勝、高梨3連勝ならず

ラグビートップリーグ第11節が開催された。無敗で首位を並走するヤマハ、サントリーはそれぞれNEC、コカ・コーラと対戦した。
ヤマハは立ち上がりからNECを圧倒して終始リードを保って47-5で完勝した。一方のサントリーは立ち上がり、リズムにのった攻撃をコカ・コーラに行われてしまい、5分、15分に連続トライを奪われ0-12とリードされてしまった。
しかし今年のサントリーは昨年とは違い、あわてることなくじっくりと立て直して24分に反撃のトライを奪うと、26分にもトライを奪って同点とし34分にゴールポスト直下に勝越しトライをあげゲームをリード、前半終了間際に認定トライでリードを拡げた。後半も安定した戦いを魅せたサントリーが48-12で勝利、11連勝を飾った。
秩父宮競技場でサントリー戦の前に行われたクボタ対リコーの試合は白熱した好勝負となった。前半は14-8とリードをたクボタであったが、後半再三リコーゴールに攻め込むが追加点が奪えず逆に18分に逆転トライ(&ゴール)を奪われてしまった。
d0183174_09233294.jpg
その後PGで加点され、14-18でまたも敗戦と思われたが、ノーサイド直前、ラインアウトのロングスローをFLクリエルが取り突進してゴール前に運び、連続攻撃をしかけて15度、CTB立川が逆転のトライをあげて勝利した。
そして今日は神戸製鋼対東芝など3試合が行われる。昨年準優勝の東芝は今シーズン不調で4連敗中である。その4試合も7点以内の敗戦が続いており、後1トライ取っていれば勝っていた試合ばかりである。神戸製鋼は8勝2敗と優勝も狙える位置(また地元開催)にあるだけに勝つにはよほどの頑張りが必要となるがここは15人一丸となってぶつかってほしい。
スキージャンプの女子W杯第3戦が開催された。ノルウェイで行われた開幕2連戦で高梨、伊藤コンビで連勝(1、2位独占)した日本チーム、場所をロシアに移しての3戦目であった。
高梨は1回目にジャンプ台のレコードとなる102mを飛んだものの2回目は風の影響をもろに受けてしまい86mと失速してしまい3位に終わってしまった。ただ日本勢は勢藤が10位に入り、伊藤4位も含め、3選手がベスト10入りと好調さを維持している。
d0183174_09234289.jpg
今日行われる第4選、高梨、伊藤、勢藤、岩淵の日本選手はどんなジャンプを魅せてくれるのだろうか、楽しみである。
お正月の風物詩ともいえる箱根駅伝の出場する大学から各16人の登録選手が発表された。今回の箱根駅伝は青山学院大学の大学駅伝三冠がかかるだけに注目である。
実力は青山学院が一歩抜け出ているだけに順当にいけば三冠は達成されそうであるが、果たして結果はどうなるのであろう。

[PR]
by motokunnk | 2016-12-11 09:24 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23702537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 東芝5連敗、明治も初戦敗退、高... 阪神JF、2歳牝馬はよくわからない >>