侍ジャパン一部メンバー発表、日本プロスポーツ大賞発表、そして冬至

来春開催される第4回WBCに参戦する侍ジャパン28名のうち18名が発表された。いずれの選手も11月に行った強化試合に招聘されていたメンバーで実績をだしたメンバーであった。
d0183174_08512473.jpg
日本ハムからは球団別では最高となる5名が選出された。中田翔は2回目のWBC、大谷翔平は侍ジャパンには数回招聘されていたが、WBCには初参加、増井、宮西、大野は11月に続いての侍ジャパン選出である。メンバーを観ると、投手が少ないように感じるが、今回のWBCにはMLBも真剣に米国代表メンバーを選ぶ意向があるという。メジャーリーガーをどこまで補強できるかがWBC制覇のカギとなりそうだ。
日本プロスポーツ大賞が発表され、大賞には大谷翔平が選出された。NPBのベストナイン受賞、MVP受賞と今シーズンの活躍を考えるとプロスポーツ大賞受賞も当然の結果なのかもしれない。
d0183174_08513223.jpg
殊勲賞には日本ハム、そして最高新人賞には高梨裕稔が選ばれた。日本ハム所属選手が大賞、最高新人賞を受賞するのは初のことだと思う。それだけ日本ハムのパリーグ制覇、10年ぶりの日本一が評価されたのかもしれない。連覇を目指して頑張ってもらいたいものである。
今日は二十四節気のひとつである冬至である。昨年は22日であったが、今年は21日と微妙にずれているところが不思議なところである。ゆず湯にはいってかぼちゃを食しと冬至を実感することにしよう。ただ冬至というのに首都圏は11月の暖かさのようである。

[PR]
by motokunnk | 2016-12-21 08:56 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23732006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 有馬記念と映画・メジャーリーグ ペイトリオッツ地区優勝、日本ハ... >>