ラグビー大学選手権準決勝、箱根駅伝は青学3連覇

ラグビー大学選手権準決勝2試合が秩父宮競技場で行われた。関西勢が2校出場するとあって、秩父宮競技場は1万5千人を超える大観衆で埋まった。
これもラグビー人気の高さの現れかもしれない。東海大学と同志社大学の一戦は東海大学が前半から同志社大学を圧倒してトライを量産して前半だけで6トライ40点をあげ勝利を決定づけた。
d0183174_15300497.jpg
後半もその勢いは止まらず合計12トライの猛攻で同志社大学に74-12で圧勝した。これで2年連続しての決勝進出である。
第2試合は帝京大学が天理大学と対戦した。こちらも日本代表のSO松田がいい動きをして天理大学をゆさぶり、42-24で決勝進出した。
帝京大学と東海大学、昨年の決勝と同じ組み合わせとなった。昨年は帝京大学が快勝して7連覇を達成したが、今シーズンの東海大学はスクラムが強化されており、昨年のような試合展開とはならないような気がする。
東海大学が悲願の初優勝なるか、はたまた帝京大学が8連覇達成なるか、試合は9日に行われる。
箱根駅伝は昨日の往路に引き続き今日は復路が行われた。往路を3連覇した青山学院大学、復路でもそのリードを守り(7区で詰められてしまったが)、往路優勝も飾り、史上6校目となる3連覇と史上4校目となる大学駅伝三冠を達成した。
d0183174_15301151.jpg
総合優勝(往路、復路とも優勝)での3連覇達成は戦後は初だそうだ。青山学院大学の強さは桁外れのようである。
期待した国学院大学であったが、復路はかなり頑張ったようで、復路のみでは14位だった。残念ながらシード権獲得の10位にははいることはできなかった。来年も予選会からの出場となってしまった。

[PR]
by motokunnk | 2017-01-03 15:32 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23758197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 錦織圭の今シーズンスタート、ラ... 箱根駅伝往路は青学3連覇、NF... >>