錦織、大坂ともにベスト8進出、今日は小寒

錦織圭の2017年シーズンがはじまった。例年通り、ダブルスとシングルスのダブルエントリーで臨んだブリスベン国際、シングルス2回戦に登場である。
相手は20歳の新鋭ドナルドソンであった。錦織は第1セットいきなり2ブレイクアップの4-0とリードした。楽勝ペースで気が緩んでしまったのかここからまさかの6ゲームを連続で落としてしまい、第1セットは4-6で奪われてしまった。
第2セットは第2ゲームをブレイクしリードするが、第5ゲームをブレイクバックされ5-4でむかえた第10ゲームをからくもブレイクして6-4とセットオールに持ち込んだ。
d0183174_08420614.jpg
らしさが出始めた錦織は第4ゲームをブレイクしてリードするとそのままリードを守り、6-3でこのセットを奪い、セットカウント2-1でベスト8に進出した。陣準決勝の相手はフェレールを破って勢いに乗る地元のトンプソンである。
一方、ASBクラシックに出場している大坂なおみは2回戦の相手第2シードのビーナス・ウィリアムズが右腕の痛みを理由に棄権したため、こちらも準々決勝に進出した。
d0183174_08421559.jpg
この大会、セリーナも初戦で敗退しており、第1、第2シード不在の大会となってしまった。大坂なおみにとってツアー初優勝のチャンスかもしれない。準々決勝の相手は第8シードのコニュである。
そして今日は二十四節季のひとつである小寒である。寒の入りともいわれており、この日から寒さが本番となり、節分までを「寒の内」といい寒さが一番厳しいといわれている。そのせいか、昨日とは違って寒さが厳しい一日となりそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2017-01-05 08:43 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23761518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 大坂棄権、トップリーグ終盤戦、... 錦織圭の今シーズンスタート、ラ... >>