錦織の全豪がスタート、NFLはDP2日目、そして日本アカデミー賞

錦織圭の全豪オープンがはじまった。初戦の相手はロシアのクズネツォフであった。昨年は2回対戦して連勝している相手でもあり、相性はいいと思われた。
しかし試合はやって見なければわからないものである。第1セット、第9ゲームを先にブレイクされてしまった。すぐにブレイクバックしたものの第11ゲームも連続してブレイクされこのセットを5-7で取られてしまった。
ただ第2セットは6-1、第3セットは先にブレイクされながらも第1セットと同様すぐにブレイクバックし直後のサービスゲームもキープ、苦しみながら6-4と2セット連続して奪ってセットカウント2-1とリードした。
勝負の第4セット、第2ゲームをブレイクされるとお互いにサービスゲームをキープできなくなり、4ゲーム連続してのブレイクとなってしまった。結局このセットはタイブレイクにと見込まれた。タイブレイクも錦織が一時5-2とリードしたがここから追い上げられてしまい結局6-8で奪われ試合は最終セットに持ち込まれてしまった。
d0183174_08585524.jpg
最終セット、錦織は安定したプレイを魅せてくれ、第4、8ゲームをブレイク、最後はクズネツォフのダブルフォルトで終了する幕切れであった。3時間30分以上の激闘を制して2回戦に進出した錦織であるが、特に体調面は問題ないとのこと、2回戦に期待したい。
初日に出場した日本勢は錦織圭以外はすべて敗戦、今日は大坂なおみが出場する。こちらに期待したい。
NFLもディビジョナルプレイオフ2日目が行われ、両カンファレンスで決勝に進出する2チームが決定した。初日はペイトリオッツ、ファルコンズが上位シードチームの貫禄を魅せ、試合に快勝したが2日目は2試合とも接戦の試合となった。
特にカウボーイズ対パッカーズの試合は最後までどちらが勝つかわからない試合であった。試合は第2Q中盤で3TDをあげたパッカーズが21-3と大きくリード、このまま勝利するかと思われた。
しかしここからカウボーイズが反撃を開始し、第2QにTD、FGを決めて13-21と8点差で前半を終えると、後半にはいり第3QでTDを決められてしまうが第4Qに立て続けにTDを決め26-28とし、TD後の2ポイントコンバージョンではQBプレスコットが自ら持ち込んで28-28の同点に追いついた。
試合は2分を切りパッカーズがFGでリードしたが、カウボーイズも残り35秒で同点FGを決め、試合はオーバータイムに持ち込まれると誰もが思った。
しかしさすがはパッカーズ、QBアーロンは残り10秒からロングパスを投げこれがキャッチされてサヨナラFGのチャンスをつくった、残り3秒のことである。このFGを見事に決め、パッカーズが劇的勝利でNFC決勝にコマを進めた。
d0183174_08591377.jpg
AFCのチーフス対スティーラーズも6本のFGを決めたスティーラーズがチーフスを振り切り18-16で勝利した。この結果AFCはペイトリオッツ対スティーラーズ、NFCはファルコンズ対パッカーズの組み合わせとなった。
ファルコンズを除く3チームはスーパーボールチャンピオンの経験もあり、プレイオフの戦い方を知っているチーム、そしてブレディを筆頭に優秀なQBを擁しているチームである。ファルコンズはQBライアンを軸にしたチームでスーパーボールも過去1度しか経験がないが勢いはありそうだ。
来週のカンファレンスチャンピオンシップ、どんな試合となるのだろうか、楽しみである。
そして日本アカデミー賞が発表された。最優秀作品賞などは3月3日に開催される授賞式で発表されるが、その候補作品というべき作品が発表されている。
d0183174_08590586.jpg
いずれも話題性のある作品だけに甲乙つけがたいと思うが、果たしてどの作品が最優秀となるのだろうか、3月が楽しみになってきた。

[PR]
by motokunnk | 2017-01-17 09:00 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23785021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 大坂なおみが2回戦進出、日本ハ... ペイトリオッツが6年連続AFC... >>