錦織7年連続して3回戦へ、明日からWRC第1戦、そして「三匹のおっさん3」

全豪オープン2回戦、錦織圭の相手はシャルディーである。1回戦でフルセットの激闘を終えただけに疲労が心配されたが、動きは軽快のようである。
第1セット、いきなりのブレイクスタートをきった錦織は30分強で第1セットを6-3で奪取、幸先のよいスタートときった。しかし第2セットはシャルディーの反撃にあってしまった。いきなり第1ゲームをブレイクされるが、すぐにブレイクバックした錦織、しかし第5ゲームも再びブレイクされてしまった。そして第6ゲーム、ブレイクバックのチャンスをむかえた錦織であったが、シャルディーも粘りをみせ、デュースになった。
そして4度目のデュースでアドバンテージを握った錦織の深いショットをシャルディーが返せず錦織がブレークバックに成功した。このゲームが試合の分岐点となったようだ。
d0183174_08535097.jpg
その後第10ゲームをブレイクして6-4でこのセットも錦織がとり第3セットをむかえた。
しかしこのセットも第1ゲームをブレイクされてしまった錦織であったがあわてず、直後のゲームをブレイク、この後はサービスゲームはブレイクされることなく逆に第8ゲームをブレイクして6-3でとり、2時間強で3回戦に進出した。3回戦の相手はラツコである。
車両規定が大幅に変更となり、チャンピオンチームのVWが撤退し、トヨタが復活参戦することになった今年のWRCも週末のラリー・モンテカルロで1年のシーズンがはじまる。
撤退したVWからラトラバを獲得、メインスポンサーにマイクロソフトを獲得したトヨタ、昨年暮れからラトラバが精力的にテストを重ねているようで、動画サイトでその活動が報告されていた。公式ページでも情報が公開され、シェイクダウンを行ったあともその内容がアップされていた。
d0183174_08535826.jpg
ラトラバは「シェイクダウンの結果には満足しています。しかし、コースのレッキ(事前下見走行)では、これまでラリー・モンテカルロで体験したことがないほど多くの雪や氷がコース上にありました。きっと大変なラリーになるでしょう。シェイクダウンの最後は日が落ち暗闇の中での走行となりましたが、明日の2本のSS は夜間の走行となり非常に滑りやすいコンディションが予想されるため、良い準備になったと思います。チーム一丸となりハードワークを続けてきた結果、今日はとても良いフィーリングでシーズンを迎えることができました。」とコメントしている。
明日からのラリー・モンテカルロが楽しみである。いきなり優勝はないだろうが、表彰台は狙えるかもしれない。
明日と言えば、TV東京のドラマ史上最高視聴率をかせいだドラマがはじまる。「三匹のおっさん3」である。有川浩原作の「三匹のおっさん」のドラマ化であり、好評だったのか続編も製作され今回は名前のとおり第3部となる。
d0183174_08540690.jpg
勧善懲悪のストーリーで現代版水戸黄門ともいえる番組だが、なかなかストーリーにも凝っており、肩が凝らずに楽しめる小1時間番組である。できれば毎年続編を続けてほしい番組のひとつである。明日8時が待ち遠しい。

[PR]
by motokunnk | 2017-01-19 08:56 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23788784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 大坂完敗そしてジョコビッチも敗... 大坂なおみが2回戦進出、日本ハ... >>