WRC第5戦デイ1、日本代表は韓国戦

WRC第5戦ラリー・アルゼンティーナがスタートした。初日のデイ1はSSが1ステージ開催のみでデイ2から本格的なグラベルでのラリーがスタートする。
顔見世的な要素のあるデイ1のSS1、トヨタのラトラバは首位と2.1秒差の5位でスタートである。ハンニネンは3.8秒差の10位スタート、いずれも安全第一での出だしとなったようだ。
d0183174_09065364.jpg
「とても良いフィーリングでラリーをスタートする事ができました。もう少しだけ速く走れた所もいくつかありましたが、パフォーマンスに関しては十分です。ここまで何も問題はありませんので、明日からの数日間がどのような展開となるのか、とても楽しみです。」(ラトラバのコメント)
「スーパーSSはとても良いステージで、注意深く走りながらも、少しですが楽しむ事もできました 。他のSSと今晩のスーパーSSが大きく異なるのは確かですが、良いスタートとなり満足しています。明日から始まる本格的なグラベルコースでどうなるのか様子を見たいと思いますが、ミスなく走る事が自分の目標です。」(ハンニネンのコメント)
両ドライバーとも前向きなコメント、明日(実は今日)からはじめる本格的なグラベルでのラリーに期待がもてる。
アジアラグビーチャンピオンシップ2017の第2戦が今日秩父宮競技場で開催される。相手は初戦と同様韓国である。初戦では韓国に5トライを奪われてしまう失態を見せてしまった日本代表、タックルの甘さが露呈してしまった。
そのためではないだろうが、先発メンバーを一新して今回の一戦にのぞむ。その中でWTB山田が先発出場する。快速WTBとしてトライシーンが頭に浮かぶ山田であるがディフェンスもうまい選手、そのあたりを若い選手に身体で魅せてほしいとジョゼフHCは考えているのかもしれない。
d0183174_09070260.jpg
またリザーブでは大器といわれている山沢が初登録された。ピッチにたち、どんなプレイを魅せてくれるのか楽しみである。まずは後半何分からの出場であるのかどうか注目である。
連敗を止めた日本ハムは今日から楽天2連戦である。また今日から「WE LOVE HOKKAIDO」シリーズとして特別ユニフォームでの試合がはじまる。今年は黄色を基調としたユニフォーム、そのユニフォームをまとい、先発予定の有原の快投を期待したい。同時に月間MVP候補に名前があがっている近藤の大爆発も観てみたいものである。



[PR]
by motokunnk | 2017-04-29 09:10 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/24131461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 一騎打ちは勢いのある4歳馬 連敗脱出、WRC第5戦、そして岩隈 >>