あと3本、レアード月間MVP、錦織あと一歩

MLB・アストロズの青木宣親がロイヤルズ戦でヒットを打ち、日米通算2000本安打まであと3本となった。ロイヤルズは青木が所属していた球団だけに思い入れのある球場で記録達成と思っているが、残念ながら今日の試合はベンチスタートとなってしまった。
d0183174_09181331.jpg
この試合、アストロズの球団連勝記録がかかっていたが7-3とリードした8回にまさかの4失点、9回も2失点してしまい大逆転でのサヨナラ負けとなってしまった。それでもまだまだアリーグ西地区の首位を独走しておりどうということはないがほころびは未然に防ぐことも重要、今日の試合は絶対に落とせない。
プロ野球、5月の月間MVPが決定した。d0183174_09184032.jpg日本ハムからは大量5選手(投手部門3、野手部門2)が候補にあがっていたが、その中からレアードが見事に受賞した。レアードにとっては2回目、それも前回受賞した同じ5月にまたまた受賞である。
5月はレアードにとってラッキーマンスのようである。その日本ハム、連敗阻止を目指して斎藤佑樹が先発した。初回にレアードのタイムリーで先制したものの2回に落とし穴が待っていた。
d0183174_09182310.jpeg
先頭打者にいきなり3塁打を打たれてしまった。同点のピンチであった。斎藤はこのピンチを後続を中フライ、二塁ゴロに打ち取り二死をとり無失点で切り抜けるかに思えた。しかし2球目の甘いフォークをレフトスタンドに運ばれてしまった。斎藤にとって悔いの残る1球であったと思う。もう少し慎重に投球していれば無失点で抑えられたと思われただけに残念な結果であった。試合はその後広島のワンサイドとなり、3-8で4連敗となってしまった。
全仏オープン準々決勝、錦織にとっては悔いの残る試合であったと思う。マレー相手に少なくとも第1セットは完ぺきな戦い方であった。1度も自分のサービスゲームを落とさず相手のサービスゲームを2度ブレイクして6-2で先取した。
d0183174_09183185.jpg
第2セットもこのままの勢いでプレイすると勝利が見えてくると思ったが、2セット目に入りファーストサーブの確率が30%以下となってしまい、セカンドサーブをマレーに狙われ1-6でセットを奪いかえされてしまった。
勝負の第3セット、第5ゲームをブレイクされるがすぐにブレイクバックし錦織のペースかと思われたが第11ゲームをブレイクされ5-6とリードされてしまった。直後の12ゲーム、マレーのサービスゲームを再度ブレイクしこのセットはタイブレイクとなったがここでまさかの7本連続してのポイントミス、このセットはマレーのものとなった。
第4セット、意地をみせ、第1ゲームをぶれいくしたもののその後6ゲームを連続してマレーに奪われ錦織の全仏オープン制覇は準々決勝で絶たれてしまった。第2セット、ファーストサービスの確率がせめて50%以上あれば試合はどうなっていたかわからなかっただけに錦織にとって悔いの残る試合であったと思う。

[PR]
by motokunnk | 2017-06-08 09:21 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/24376015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< NBAファイナル、WRC第7戦... 青木あと4本、ホンダに続け >>