最強の証明、ウォーリアーズ優勝、琢磨凱旋会見、ルマンは車検

NBAファイナル第4戦で完敗してしまったウォーリアーズ、昨年と同じ星勘定で地元での一戦に臨んだ。たちあがりこそキャブスにリードを奪われてしまったがその後はいつものウォーリアーズになり逆転するとそのままリードを拡げ、129-120で勝利、2年ぶり通算5回目のチャンピオン獲得となった。
d0183174_09064440.jpg
今シーズンのウォーリアーズは他チームとは実力が違い、レギュラーシーズンを圧倒した。そしてそのままプレイオフに進みプレイオフ15連勝の新記録を達成し、そして4勝1敗のファイナルスコアでNBAチャンピオンとなった。この強さが来シーズンも続くのではないかと思えるようなファイナルでの圧勝劇であった。
佐藤琢磨のインディ500マイル初優勝・凱旋報告取材会が午後1時からネットで生中継された。1時間の放送であったがあっという間に終わってしまったという実感であった。
d0183174_09065487.jpg
まず佐藤琢磨がインディ500制覇の裏話を含めた喋りがあった。残り5周でのカストロネベスとの激闘やピットレーンで昨年まで所属したAJフォイトレーシングのピットクルーとのハイタッチの真相もあかしてくれた。
そしてホンダからNSXが贈呈することが報告された。質疑にはいったが質問者は皆、モータースポーツ関係者でよく名前を聴く人たちばかりであった。そのためか、質問が専門的になったきらいがあったが、なかなか面白い話であった。
d0183174_09070354.jpg
今日も午後6時半から同じ場所で凱旋イベントが開催され、ネットで生中継されるが今度はファン主体のイベントなのでどんな展開となるのだろうか楽しみである。
ルマン24時間レースの公開車検が12、13日の2日間ルマン市内のリパブリック広場で開催され、2日目にトヨタのハイブリッドマシンが登場した。
毎年恒例の行事であるが、今年はトヨタチームとしても気合いの入り方が違うように思え、3台のマシンとドライバーが揃って広場に登場し、ファンサービスをしていたそうである。その模様もサイトで公開されていた。
d0183174_09071123.jpg
明日からはいよいよ予選がはじまり、2日目にはこれまた恒例の夜間走行が実施されはじめてルマンに出場する選手には必須事項である。そして土曜日のスタートとなる。テストディまでは好調さを持続しているトヨタチーム、予選でも好調を持続してフロントロー独占となるだろうか。

[PR]
by motokunnk | 2017-06-14 09:11 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/24457793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 斎藤佑樹初回を除けば、佐藤琢磨... いよいよルマン24時間レース、... >>