斎藤佑樹初回を除けば、佐藤琢磨TV出演

日本ハムの斎藤佑樹が交流戦3度目の先発マウンドにたった。相手は中日である。いきなり初回にピンチをつくってしまった。一死はとったが連打、四球で一死満塁、タイムリー2塁打2本打たれて4失点されてしまった。
よかったのは1度目の先発のみであったと思っていると、2回以降は本来の打たせて取る投球が蘇り、中日打線を5回まで無安打におさえる好投を魅せてくれた。初回の乱調が別人と思えるような見事な投球であり、この投球が持続できれば交流戦以後のローテーション入りも可能なのかと思えた。
d0183174_09524768.jpeg
試合はいきなり4点を奪われてしまったが、2回に中田の一発、6回には同じく中田のタイムリー2塁打、レアードのタイムリーで4-4の同点に追いつき、続く7回、一死満塁から勝越し点を奪った。この試合はリリーフ陣も好投し、1点差で逃げ切れると思ったが、増井が同点弾を浴びてしまい延長戦となってしまった。
12回に2点をとり(敵失がからむ幸運なものであった)、7-5で勝つには勝ったがすっきりとしない勝利であった。
インディ500初優勝の報告会を兼ね一時帰国している佐藤琢磨、なかなかTV出演がないと思っていると昨晩午後10時からのNHK「クローズアップ現代」に出演していた。
d0183174_09525525.jpg
午後6時半から8時近くまで青山でファンを対象とした祝勝イベントに参加していたので多分録画であったと思うが、佐藤琢磨のレース人生を振り返りながらの番組に好印象を感じた。
同じNHKでは18日の日曜日午後10時からBSで1時間の特番を放送するようで、ちょうどルマン24時間レースのゴール時間である。
トヨタの初優勝シーンを観ようか、はたまた佐藤琢磨の初優勝の感動シーンをもう一度観ようかと悩んでいる(トヨタが初優勝するものと決めつけてしまっている自分がビックリであるが)。
そのルマン24時間レース、今日から予選がはじまるが、昨日は参加するドライバー全員が集合して記念撮影が行われ、その後ファンとの交流が実施されたそうだ。
d0183174_09523846.jpg
多くのファンが集合してお気にいりのドライバーとの記念撮影など楽しいひと時を過ごしたようである。

[PR]
by motokunnk | 2017-06-15 09:54 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/24466495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 可夢偉驚愕の14秒台、土曜日の... 最強の証明、ウォーリアーズ優勝... >>