MLBオールスター、そしてNPBも

今日MLBはオールスターである。毎年初夏に開催されるこの一戦、まさにドリームゲームである。MLBの場合、試合前日にホームランダービーが行われる。両リーグから選抜された8名の選手がそれぞれ持ち時間4分の間にどれだけホームランが打てるかの競争である。
4分以内に所定の飛距離のホームランを打った場合は30秒の延長時間が追加されるところも面白い。今年のホームランダービー、注目選手が多数出場した。その中でも目玉はヤンキースのジャッジである。身長約201センチ、体重約116キロの大型外野手で、ヤンキースの新人としては初めてオールスター前に30本のホームランを打つ大活躍、オールスター前に30本塁打到達は、新人としては1987年にマーク・マグワイアが33本を打って以来史上2人目の快挙。このままいけば、2001年のイチロー以来となるMVP&新人王の同時受賞も有望に思える。
d0183174_09111365.jpg
そのジャッジ、ホームランダービーでも大活躍である。47本のホームランを放って見事に優勝してしまった。低迷続くヤンキースの救世主となるであろうか、オールスターも注目だが後半戦も注目である。
日本のオールスターも開幕するが、そのホームラン競争に出場する選手4名が決まった。日本の場合はそれぞれの試合前に行われるホームラン競争の出場選手もファン投票で選ばれる。
今年も日本ハムの大谷翔平が2試合とも選ばれた。思えば昨年のオールスター第1戦のホームラン競争で優勝したところからマスコミも注目度をヒートアップさせたと思う。
今年もそのホームラン競争に2試合連続して出場することとなったが、怪我明けの今年は昨年ほどの活躍は期待薄であろう。ただホームラン競争だけはフリー打撃の延長だけに期待がもてそうでもある。
将棋の藤井四段、14歳最後となる一局も勝利して通算31勝目をあげた。14歳中はこれで31勝1敗の驚異的な成績である。
同世代の中では頭ひとつ以上抜け出している存在の藤井四段、どこまで強くなるのであろうか。初年度でのビッグタイトル獲得も夢ではなさそうである。

[PR]
by motokunnk | 2017-07-12 09:14 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/24838381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< MLBオールスターは接戦、プロ... 琢磨は16位、稀勢の里は初日 >>