錦織辛勝、日本ハム転落危機、ダルビッシュ会見

ATP50・シティ・オープンがはじまった。錦織圭の初戦となる2回戦、相手は地元のヤングであった。第1セットはヤングを圧倒して6-3で奪うが第2セットにはいるとヤングの反撃を受け、2度のブレークを許してしまい4-6と奪われてしまった。
d0183174_09183878.jpg
それでも第3セットはタイブレイクに持ち込み7-5で勝利しかろうじて3回戦にすすむこととなった。3回戦の相手は過去1勝5敗と苦手にしているデルポトロである。苦手意識を払しょくしてぜひベスト8に進出してほしい。
日本ハムに最下位転落の危機が訪れてしまった。昨日のロッテ戦、先発して有原航平であったが、制球が高めに行く悪いときの有原であった。それでも立ち上がりは併殺で切り抜けたが2回に失投を被弾してしまった。1失点は仕方ないとしてこの回の2失点はいただけなかった。
二死2塁を抑えてこそエースの証明、中田の悪送球で失点したが要は抑えられなかったから生まれた失点であった。その後は悪いなりに失点を防いで味方打線の反撃を待ったが日本ハム打線、チャンスは再三つくるがタイムリーが出ずようやく得点したのは7回であった。
d0183174_09184497.jpeg
有原は完投してが結局4失点、試合も2-4で4連敗となり、最下位ロッテに1.5ゲーム差に迫られてしまった。歯車がかみ合わない今季の日本ハム、打開策はあるのだろうか。
ドジャーズに移籍したダルビッシュが新天地での会見にのぞんだ。オールスターのときにカーショーから「3週間後待っている」と声をかけられたそうでまさにその通りとなってしまったことをあかした。
d0183174_09185155.jpg
DH制がないナリーグ、日本ハム時代もDH制だったのでプロとなりはじめて打席にたつことに若干の不安を感じているようだ。日本時間の5日のメッツ戦がドジャーズ移籍後初の先発予定、果たしてどんな投球、打撃を魅せてくれるのだろうか。

[PR]
by motokunnk | 2017-08-03 09:20 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/25164952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本ハム連敗止める、明日はスー... ダルビッシュ4日メッツ戦先発、... >>