ダルビッシュ完璧、錦織は大逆転でベスト4、そしてヒロシマ

ダルビッシュが移籍後初先発した。敵地でのメッツ戦である。初回、先制ホームランで援護点をもらったダルビッシュ、その裏は若干の戸惑いもあり一死1、2塁のピンチを招いたが後続を打ち取りまずまずのスタートであった。そのダルビッシュ、2回以降は完ぺきな投球を魅せてくれた。
味方打線の援護もあって6-0とリードした7回は三者連続三振のおまけつき、この回で降板したが、7回を3安打10奪三振無失点のほぼ完ぺきと思える投球で移籍後初勝利をあげた。
d0183174_08391295.jpg
ナリーグ西地区で独走しているドジャーズに頼もしい助っ人の登場である。次はいつ登板するのであろう、楽しみになってきた。
ATP500・シテイ・オープン、準々決勝、錦織の相手は地元のポールであった。ランクは200位以下と格下ながらこのところ絶好調の相手に錦織は大苦戦、第1セットを3-6で失うと第2セットも先にブレイクを許してしまった。
そしてマッチポイントも握られ万事休すと思われたが、4-5からポールのサービスをブレイクしタイブレイクに持ち込んだ。タイブレイクもいきなり0-3とリードされるが3-3に追いつき錦織のペースト思いきや再び2度のマッチポイントを握られてしまった。
いずれも粘りのショットで回避すると9-8からポールのショットがオーバーしてタイブレイクを制して勝負は第3セットに持ち込まれた。
d0183174_08392024.jpg
このセットになって初めて先にブレイクした錦織はそのままリードを守り6-4で勝利、ベスト4に進出した。ベスト4の相手はズべレフ、この大会好調なズべレフにどこまでくいついていけるだろうか、この日の試合と同じであれば勝機は薄そうだ。
8月6日はヒロシマに原爆が投下されて72年目の記念日である。午前の式典には世界各国からの参列者も多数集まるそうだ。ぜひ核兵器のない世界を目指す宣言通りに世界から核兵器のない日の実現を目指してほしい。

[PR]
by motokunnk | 2017-08-06 08:40 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/25203834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< クルセイダーズ優勝、錦織は完敗... 錦織ベスト8、琢磨は内閣総理大... >>