トップリーグ第1節終了、ドルフィンズに暗雲、藤井四段登場

ラグビー・トップリーグの第1節が終了した。2019年のW杯にむけて後2年、どんな戦いを魅せてくれるのか期待していたがその期待通りの熱い試合があったと思う。特に土曜日、雷雨で中断した秩父宮競技場で行われたクボタ対パナソニックは得点差以上にクボタ選手の試合を諦めない姿勢が素晴らしかった。
前半終了時、14-21と7点差で食い下がっていたクボタであったが、チームの実力差から後半は引き離される一方であった。しかしクボタの選手は諦めることなくボールに集中してプレイをした。この姿勢が後半36分のトライに結びついたと思う。試合は21-45で負けてしまったがこのような試合を続けていけばきっと勝利は近いし順位も昨年以上のものが期待できそうだ。
NFLは9月の開幕に向け、各チームともプレシーズンマッチに突入したが、ドルフィンズから暗いニュースが舞い込んできた。それはエースQBのタネヒルの離脱である。昨シーズン終盤に左膝の前十字靭帯を部分断裂し3試合を欠場してしまったことは記憶に新しい。
d0183174_09100288.jpg
手術ではなく幹細胞治療を選択し、リハビリに励み完治したとの情報が流れていた。その情報をベースに今年のドルフィンズはやってくれるのではないかと期待していたが、また同じ個所を痛めてしまい今回は手術をする決定をしたそうである。これで今シーズンは絶望、チームはジェイ・カトラーを獲得したそうだが果たしてどこまで活躍してくれるだろうか。
やはりAFC東地区はペイトリオッツの一人勝ちのようである。
将棋の藤井四段は今日、朝日杯1次予選の2回戦に出場する。午前10時対局開始だそうだが、ネットで実況されるそうだ。2回戦に勝利すれば3回戦も同日午後に行われるそうだ。
午後の対局もネット配信されるという。また残念ながら負けてしまったときは大盤解説として登場するそうなので今日もご本人多忙のようである。

[PR]
by motokunnk | 2017-08-22 09:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/25402892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 藤井四段連勝、日本ハムV消滅 上原プロ初勝利、WRC第10戦... >>