藤井四段勝利、ダルビッシュは連敗、日本ハムは連敗脱出

将棋のNHK杯将棋トーナメントの2回戦に藤井四段が登場した。対局相手は森内九段、永世名人の資格を持ち、今年からフリークラスに転身したが実力は高く藤井四段にとって難敵との対局であった。
当初から攻めていくことを考えていたという藤井四段、受けが得意な森内九段に対してどんな攻めを魅せてくれるのか注目してTV観戦したが、攻めはなかなかのものであった。解説をした佐藤元名人も驚く指しまわしで94手で森内九段に快勝し3回戦に進出した。
d0183174_09561782.jpg
NHKとしては異例となる生放送での実況であったが11時20分に対局は終わり、感想戦もTVで放映されるなど藤井四段の作戦勝ちといえる将棋であった。
藤井四段、これで公式戦は39勝5敗、前日の加古川戦でプロ初の連敗となってしまったがわずか1日で連敗ストップ、この辺も運も持った棋士なのかもしれない。
NHK杯3回戦は現役A級棋士の稲葉八段である。名人戦を戦った相手だけに実力は超一流、稲葉八段相手にどんな指し手を繰りだしてくるか注目である。再び生放送で実況されるかはまだ未定とのことだ。
DL復帰後ダルビッシュの調子があがらない。昨日のパドレス戦でも4回途中5失点で降板である。ここ2試合の先発ではいずれもKOと本来のダルビッシュからはほど遠い投球内容である。
d0183174_09562455.jpg
身体が悪そうな印象は受けないのでメンタル的なものなのか、はたまた別の要素かは不明だが、ちょっと心配な出来事ではある。3回目の登板でもこの調子だとドジャーズとしてもトレードで獲得しただけに獲得自体が誤算となってしまいそうだ。
5連勝し、いよいよ昨年の調子が戻ってきたかと思われた日本ハムであったがその後3連敗と今年の日本ハムに逆戻りしてしまったようである。連敗ストップを託した日本ハムの先発は石川直也であった。
今季から売り出し中の若手であるがなんとプロ入り初先発である。どんな投球をするのか不安半分、楽しみ半分であった。そんな石川を援護するように初回、西川のヒットを足掛かりに大谷、中田の連続タイムリーで2点を先取した。大谷復帰後、大谷が打点をあげた試合は負けなしだそうだ。いい流れがきたと思い石川の投球に注目した。
その石川であるが、初回ランナーは出したが三振も奪うまずまずの内容であった。2回もヒットは打たれる石川であるがなんとか後続は凡打に打ち取り無失点で切り抜けた。しかし3回、二死1、2塁から同点の2塁打を打たれてしまった。2-2となりロッテが押し気味に試合をすすめたがその後石川はなんとか踏ん張り5回を投げて降板した。
一応先発の役割は果たせたと思われる内容であった。ロッテ先発の二木に2回以降は2安打に抑えられていた打線は7回にチャンスをつくった。無死から四球でレアードが出塁、二死となるが清水がヒットでつないで1、3塁として石井をむかえた。中島の怪我で1軍復帰した石井、復帰後は打撃に開眼したのか降格前の不振がウソのようにヒットを打っている(それでも打率は1割台だが)ので期待していると3球目の内角球を身体を回転させるように打った打球はライトスタンドに飛び込む勝越し3ランとなった。
d0183174_09563368.jpeg
7回からはリリーフ陣がロッテ打線をおさえ、5-2で連敗ストップし増井も20セーブ目をあげた。

[PR]
by motokunnk | 2017-09-04 09:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/25524303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< トヨタ3位、佐藤琢磨はトラブル... 藤井四段生放送で対局、サントリ... >>