スーパーシリーズファイナルはじまる、藤井四段朝日杯に登場

バドミントンのスーパーシリーズファイナルがはじまった。年間12戦で行われるスーパーシリーズのポイント上位者8名(組)で争われる大会で必ずしも世界ランクとはリンクした大会ではない。
ただスーパーシリーズ自体は世界ランカー上位者が参加する大会でほぼ世界一決定戦ともいえる。日本からも男子ダブルス(2組)、女子シングルス(2名)、女子ダブルス(2組)、混合ダブルス(1組)と男子シングルス以外すべてのクラスで参戦しており、バドミントンが世界レベルの実力を持っていることがわかる。
昨日は予選2日目が行われた。予選は2グループにわかれて総当たりで行われ、各組上位2名(組)が決勝トーナメントに進出できる。このあたりはATPテニスのツアーファイナルと同じである。初日は女子シングルスで山口対佐藤という日本人同士の対決があり、山口が勝利した。その他では園田/嘉村組、福島/廣田組が勝利したが、他の組は負けてしまった。
2日目、初日黒星スタートとなった米元/田中組は中国ペアと対戦した。2戦目となり落ち着きもでたようで中国ペアをリードしゲームカウント2-0で初勝利をあげた。米元/田中組の属するグループは2日目を終わりなんと4組が1勝1敗で並ぶ大混戦となり、3日目に決勝トーナメントに進む2組が決定することとなった。
福島/廣田組は2日目も危なげなく2勝目をあげ、2連勝し早くも決勝トーナメント進出を決めた。3日目はデンマークペアとの対戦である。お互い2連勝しており1位通過をかけての対戦である。
d0183174_10245992.jpg
どちらのペアが勝つのであろう、決勝トーナメントと見据えた戦いがみれそうだ。
初日勝利の園田/嘉村組はインドネシアペアと対戦した。この試合、園田/嘉村組は第1ゲームを21-17で奪うと第2ゲームは競り合いを制して21-17でゲームカウント2-0で勝利した。
d0183174_10250885.jpg
過去2連敗中であったインドネシアペアに勝利したことで決勝トーナメント進出にむけて大きな勝利となった。第3戦はデンマークペアとの対戦である。
女子シングルスの山口茜も危なげなく2連勝し決勝トーナメント進出に王手をかけたが、残念ながら残りの日本人選手(組)は2連敗してしまい惜しくも決勝トーナメント進出はならなかった。
3日目、どんなペア、個人が決勝トーナメントに進出するのであろうか、楽しみな試合が数多く行われる。
将棋の朝日杯将棋オープンの二次予選に藤井聡太四段が登場する。対局相手は屋敷伸之九段である。屋敷九段は現在A級で活躍しており、最年少タイトルの記録を持っている実力者である。
d0183174_10252155.jpg
現役A級棋士にはまだ勝っていない藤井四段、先手の屋敷九段の初手は7六歩であった。ネットで生中継されており、観戦している。

[PR]
by motokunnk | 2017-12-15 10:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/26235281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 藤井四段が快挙、スーパーファイ... 羽生二冠に国民栄誉賞、大谷右肘... >>