2013年 06月 04日 ( 1 )

散歩を楽しく/きれいな花には毒がある?

先日のこと、いつものように散歩をしながら路肩の植え込みを見ていると綺麗な花が咲いている場所を発見し、写真に撮って帰宅した。一見すると百合の花のように見えたので百合が都心の真ん中で咲いていると感激したのであるが、よくよく見るとどうも百合の花ではなさそうである。
d0183174_18522614.jpg

いろいろ調べていくと、木立朝鮮朝顔の一種であることがわかった(これも友人からの書き込みで知ったのであまり大きなことはいえないが)。そして恐ろしいことにその花には毒性があって注意するようにと書かれていることである。
Googleでチョウセンアサガオと入力すると、毒性という関連語がでてくることから毒をもっているのだなあということが類推できるがこんなきれいな花にも毒があるということは何か不思議な感覚である。きのこを例にとれば、毒キノコと言われるものはカラフルで綺麗なものが多いのでキノコであれば納得するのだがどうもキノコと花は私の中では一緒にはしにくい。
ただ、いろいろ調べていくと厚生労働省の中に「自然毒のリスクプロファイル」というページが用意されていた。その中に、当然「チョウセンアサガオ」の項目もあり丁寧に毒性について説明されていた。別に死に至るような猛毒なものではなさそうである。有川浩の「植物図鑑」ではないが、食用の野草とそうでないものとの区別は必要だなあとこのページを見て改めて実感したしだいである。
ページを見ていて気付いたのだが、今がシーズンのアジサイも毒性があるようだ。まだ毒の成分について解析が終わっていないようだが、症例が報告されており要注意な植物のようである。「きれいな花にはトゲがある」とはバラをさしていったことわざのようだが、きれいな花には毒があるということわざもできそうである。
さて今夜はサイタマスタジアムでサッカーW杯アジア地区最終予選日本VSオーストラリアが開催されている。渋谷エリアはハチ公前などで通行規制がひかれているようだ。外出せずに自宅でTV観戦することにしよう。観戦結果などは明日以降のブログで紹介できればと思う。
参考URL → 木立朝鮮朝顔
参考URL → 自然毒のリスクプロファイル
参考URL → 渋谷スクランブル交差点、W杯で通行規制へ-斜め通行禁止
[PR]
by motokunnk | 2013-06-04 18:53 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)