2013年 06月 06日 ( 1 )

1か月前におきたID流出事件とマイナンバー法

5月16日にYahooのIDおよびパスワードが流出したことが発表されて約1か月が経過した。Yahooのホームページではその対応についての説明がなされている。私もYahooのIDを利用しているが、無料IDなので特に被害はない。
YahooBB!など、一時Yahooと契約すると無料でインターネット接続ができるなどの話があったのでけっこうYahooユーザーも多いのではないかと思う。今日のZAKZAKではこんな記事がでていた。「【デジフジ知恵袋】ヤフー“ID・パスワード”が流出! どう対応すればいい?」見るとQ&A形式になっており、わかりやすい解説が掲載されている。
d0183174_1972442.jpg

実際、Yahooのホームページ左上部には、ご覧のチェックお願いが記載されており、簡単に自分のIDが対象かどうかがチェックできる。対象となった場合は、対応の仕方も書かれており親切なつくりとなっている(フローチャートで表示されている)。まあIDは変更できないが、パスワードは定期的に変更するのがネット社会では一般的である。私も最低半年に1回程度はパスワードを変更している。
一方で通称マイナンバー法案が先月末に可決され、言い方は悪いが国民総背番号制が実施されることになる。ロードマップなどが公開されており、世の中便利になることだけが誇張されて報道されているようだ。
ただ、セキュリティ対策は万全ではなさそうである。世で言うサイバー攻撃とは、陸・海・空という他に最近は宇宙とサイバーの2つを加えて五軍で国を守らねばいけないと言われている。最近の事例では中国からのサイバー攻撃で米国企業の極秘情報が盗まれたと言われている。マイナンバー制になれば、このサイバー攻撃に対してどのようなディフェンスを講じるかが政府に求められる。
ID流出事件を対岸の火事と考えるのではなく、もっと真剣にわが身に降りかかったらどうなるかを考えていかなければいけないと思う。
参考URL → ヤフー“ID・パスワード”が流出! どう対応すればいい?
参考URL → ID 2,200万件のユーザー名が流出した可能性、のツールで確認を
参考URL → 「マイナンバー法案」の概要 - 内閣官房
[PR]
by motokunnk | 2013-06-06 19:08 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)