2013年 06月 09日 ( 1 )

散歩を楽しく/明治神宮の花菖蒲

昨日は朝、ブログを書き上げてから菖蒲を見に明治神宮へ出かけることにした。梅雨入りしたのが嘘のように関東地方は雨が降らない。友人とは気象庁も入梅のタイミングを間違えてしまったのではないかと話をしているくらい、雨とは無縁の最近の天気である。
d0183174_836962.jpg

さて、明治神宮のホームページを見ると、菖蒲が満開になるのは来週らしいがそれでも花をつけているものも多数ありそうなおで、暑くならないうちにいざ出陣。さいわい御苑(明治神宮の中にも有料スポットはあるのだ)は朝8時から開園しているので、朝が早いぶんには何ら問題ない。朝の明治神宮はさすがに人は少ないが、それでも観光バスがつくたびにガイドさんに案内されたグループがまとまってでてきているようだ。
d0183174_8363527.jpg

この時期の御苑は普段は閉門している東門も開いているのでそちらから入場する。御苑には何回も来ているので花菖蒲田を目指すことにする。途中の南池では蓮の花が綺麗に咲いているのを目撃した。
d0183174_8383350.jpg
d0183174_8393045.jpg
御苑は明治天皇が夫人のために整備したということであるから、今の時期は二人でこの蓮の花を眺めていたのかもしれない。御苑内には多数とはいわないまでもけっこうな人がきており、花菖蒲の観賞や写真撮影、写生に勤しんでいる姿を見受けた。
d0183174_8395480.jpg
d0183174_8401155.jpg

皆さん、高価なカメラを片手に写真撮影をしているが、私のような簡単デジカメで撮っている人もいるので楽しみ方はひとそれぞれでいいのだろうと思った。また園内の東屋には菖蒲の種類についての説明があり、しょうぶとあやめ、かきつばた、花菖蒲の違いが簡単に書かれていた。しょうぶ以外はあやめ科なので一緒に見えてしまうが、その違いはあるようでこれからは間違いないように違いを見てこれは○○と話すことにしよう。
御苑といえば、数年前に新聞を賑わし、何時間も待ってしか見ることができなかった清正井が花菖蒲田の奥にある。ここまで来たのだから清正井を見て帰ることにした。花菖蒲を見にくる人は多いのだが、どうも客層が違うのか、清正井まで足をのばす人はほとんどいないようで、私以外は数人しか行き来ですれ違う人はいなかった。ブームが去るとこんなものかと感じてしまった。
d0183174_8403080.jpg

参考URL → 御苑の花菖蒲
[PR]
by motokunnk | 2013-06-09 08:41 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)