2013年 06月 12日 ( 1 )

書くことがなかったからではないが

別に今日のブログのネタがなかったからではないが、今朝の天声人語は読み手をそそる書き出しであった。d0183174_1934329.jpg「安倍首相夫人、昭恵さんの発言が話題になっている。「私は家庭内野党」だといい、「原発反対」の考えを改めて語った。」で出しを読むと、今日の天声人語は原発のことについて書いてあるのだろうと思ってしまう。
その考えは次のフレーズで間違いだとわかり、「私は家庭内野党」につながるある人物の著書が今日の本論であった。ある人物とは漫画家の赤塚不二夫でその母も「家庭内野党」だったそうだ。
さてその天声人語であるが、赤塚と憲法学者の永井氏の共著である『「日本国憲法」なのだ!』について書かれている。「日本はもう戦争はいたさないのだ!」「国の政治は国民が信用してまかせた議員がするニャロメ!」「いつも努力しないとなくなってしまうかも」と赤塚漫画の主人公の語りで本は構成されているそうだ。私も日本国憲法は小学校のときに学んでいらい本分を目にしたことはない。
ネットでみると、取り扱いできないようだが、どこかで探して一度、日本国憲法を再度理解してみようかと思う。
参考URL → 改訂新版「日本国憲法」なのだ!
[PR]
by motokunnk | 2013-06-12 19:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)