2017年 03月 13日 ( 1 )

文字通りの死闘、錦織3試合ぶりの勝利

5時間近い試合であった。WBC2次ラウンド初戦、侍ジャパンの相手はオランダであった。オランダの先発はソフトバンクのバンデンハーグ、プロ野球に精通しており侍ジャパンにとってはやっかいな相手である。
そして侍ジャパンの先発はロッテの石川、1次ラウンドの好投の再現を期待したい。2回に侍ジャパンは秋山の犠飛で先制するとオランダもその裏一発ですぐに同点に追いつく。
d0183174_08582117.jpg
そして3回、侍ジャパンは中田が3試合連続となる3ランで一気に突き放すかに見えた。しかも苦手のバンデンハーグから一気に4得点、これで5-1とし試合を有利にすすめるかに思えた。しかし石川の調子がイマイチであった。石川の調子というよりはオランダの執念のようなものがすごかった。
一死から3連打、犠飛で2点をかえして5-3とすると、ヤクルトのバレンティンにレフトポール直撃の同点弾を浴びてしまった。これで5-5の同点、試合の行方はどうなるかわからなくなってしまった。その後は一転して投手戦となり、5回にワンチャンスをとらえて1点を侍ジャパンが取り6-5のまま終盤をむかえた。
どちらかというとオランダが攻め、侍ジャパンが防戦するという試合の流れであった。ピンチは再三ありながら投手陣の踏ん張りで1点を守っていたが9回二死から同点打を打たれてしまい試合は延長戦にもつれ込んだ。
そしてタイブレイク制度となった11回、鈴木のバントで一死2、3塁とチャンスを拡げた侍ジャパンは中田がつまりながらもレフト前にタイムリーを放って貴重な勝越しとなる2点を奪った。
d0183174_08582648.jpg
d0183174_08583422.jpg
その裏の攻撃を10回からリリーフした牧田が三者凡退に打ち取り日付が変わる直前に勝つことができた。
2次ラウンド通過に向けてこの1勝は大きな価値がある1勝であり、世界一奪還を目指す侍ジャパンにとっては貴重な勝ちであった。
ただ遅れて始まったアメリカラウンド、ドミニカとUSAの試合はUSAが5-0とリードしながらドミニカに逆転されてしまう試合となってしまった。
ドミニカの選手はいずれもMLB現役選手であり、どの選手もオールスターに出て活躍している。そしてドミニカはWBCで連勝中、このドミニカに勝たなくては優勝できない侍ジャパンにとっては準決勝進出が決まったとしても高いハードルが待ち構えていそうである。
ATP1000・BNPパリバ・オープンがはじまった。第1シードのマレーが初戦で敗退してしまう番狂わせがあったが、錦織の初戦はまずまずであった。エバンス相手に6-3、6-4と順当な勝利であった。
d0183174_08581167.jpg
錦織はこのところATPツアー2連敗中だっただけに若干心配であったがこの試合は特に安心して観ることができた。3回戦はミラーとの対戦である。
WRC第3戦、ラリー・メキシコのデイ3が終了し、シトロエンのミークが首位をキープしている。トヨタはラトラバが順位を上げて6位まで上昇し、ハンニネンは7位となっている。
後はデイ4、トヨタのダブル入賞、ミークのWRC初優勝に注目である。

[PR]
by motokunnk | 2017-03-13 09:00 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)