2017年 05月 02日 ( 1 )

メーデーが2回、24時間の箱物レース

いつの時代からメーデーが2回開催されるようになったのであろう。メーデーというえば読んで字のごとく5月1日のことである。
私がサラリーマン時代、数回メーデーに参加(ほとんど強制に近かった!)したがそのときはすべて5月1日であった。ちょっと調べてみると当時は統一メーデーだったそうで総評、同盟が手を組んでメーデーを開催していたそうだ。
労働組合の再編などがあり、統一メーデーはできなくなったようで、4月下旬に連合が中央メーデーを開催し、相変わらず全労連系が5月1日にメーデーを開催している。
連合主催のメーデーにはお祭り的な要素もあるようで、政府閣僚も挨拶をしている。数年前には安倍首相も挨拶をしているのを聴いたことがある。今年は日本プロ野球選手会もブースをだしていた。
d0183174_08583402.jpg
d0183174_08584273.jpg
どちらかといえば、連合の中央メーデーのほうが活気があるように思えたが、実態はどうなのであろう。
d0183174_08584877.jpg
d0183174_08585789.jpg
さて5月のモータースポーツといえばインディ500マイルが有名であるが、最近はニュルブルクリンク24時間レースも注目されている。ツーリングカーレースの24時間といえばスパもあるが、日本メーカーが参戦することもあり、また世界的にも参加台数の多さから最近注目されているレースである。
このレースクラス分けも細分化されているが、なんとその同じクラスにトヨタとスバルがマシンをエントリーしている。いわば日本のメーカーがクラス優勝を争うわけである。
その前哨戦ともいえるレースが先日開催された。同一サーキットで行われる6時間レースであった。トヨタ、スバルもエントリーしてきており、24時間レースに向けたシミュレーション的な色合いの強いレースといえる。
d0183174_08582571.jpg
予選ではスバルがクラストップタイムをマーク、トヨタは2番手であった。スタートしてからもスバルがトップを快走したが、ピットストップのタイミングの違い(スバルの方が燃費が悪い?)により、2回目のピットストップ終了時にはトヨタがクラストップを走っていた。その後スバルにトラブルが発生してリタイアしたためトヨタはクラス優勝、本番に弾みがついた。
24時間レースは26日~27日にかけて実施される。その前に今週末にはWEC第2戦スパ6時間耐久レースも行われる。トヨタの連勝なるかこちらも注目だ。

[PR]
by motokunnk | 2017-05-02 09:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)