2017年 08月 05日 ( 1 )

錦織ベスト8、琢磨は内閣総理大臣顕彰受賞、MotoGPチェコGP

ATP500・シテイ・オープンの3回戦、錦織圭の相手はデルポトロであった。過去1勝5敗と相性の悪い相手、どこまで食いついていくかが注目である。
しかし、試合は降雨の影響で開始時間が大幅に遅れてしまい、現地時間では日付が変わってからの開始となったようだ。試合はお互いにサービスをキープする展開であったが、第5ゲームを錦織がブレイクするとリードを守ったまま6-4で第1セットを奪った。
第2セットにはいると、いきなり錦織がブレイクし、リードを奪った。このまま試合は進むかと思われたがそこはデルポトロ、第8ゲームをブレイク、錦織は追いつかれてしまった。
d0183174_09201988.jpg
そして第10ゲーム、錦織は15-40とダブルのセットポイントを握られてしまった。このピンチは逃れデュースに持ち込んだ。一度アドバンテージを握られたがそこをしのいで何とかこのゲームをキープした。
このことが大きかったようで、続く第11ゲームをブレイクして、このセットも7-5で奪い、2-0で2年ぶりのベスト8に進出した。
ベスト8の相手は地元のポールである。このポール、今大会は絶好調でここまで勝ち進んできているだけに錦織とあいても気が抜けない相手である。また1日未満の時間で準々決勝を戦わなければならず、体力面で若干の不安がある。
佐藤琢磨が内閣総理大臣顕彰を受賞した。昨日官邸に招かれてのものであったが、自らNSXを運転してのことだったそうである。レーシングドライバーとしての真骨頂を発揮してのこと、佐藤琢磨らしいパフォーマンスの示し方であったと思う。
d0183174_09202937.jpg
インディカーシリーズポイントランキングでは7位だが、安倍首相との会談ではまだまだチャンスは残っていると話していたそうだ。実際、チャンピオンになるチャンスは少ないと思うが残る一戦に全力で立ち向かってほしい。
将棋の王将戦予選1次リーグ決勝に藤井四段が登場、相手は菅井七段であった。現役のB級1組の棋士だけに中盤から終盤にかけてはスキがなく藤井四段は完敗に近い負けであった。
MotoGPチェコGPがはじまった。初日のフリー走行、Moto2クラスの中上貴晶は雨の影響もあったか17番手であった。
「フロントの安定性がよくなくて、それが1番の問題でした。しかし、今日は全体的にタイムが遅く、トップタイムより1秒も遅いタイムでした。原因を探るためにこれからデータを見直したいです。8耐のスーパーバイクからの乗り換えがうまくいかず、乗り慣れているはずのMoto2マシンにうまく乗れていないような気がします。
d0183174_09203832.jpg
感覚的にはかなり限界まで攻めているのですが、実際は遅いという感覚のずれがあるのだと思います。昨年の予選では2列目4番手。タイムは2分02秒046だったのに、そのタイムから2秒以上も遅いタイムしか出せませんでした。明日はしっかり攻められるようにしたいです。」とはフリー走行後のコメントである。予選は感覚を取り戻して昨年並みのグリッドを確保してほしいものだ。

[PR]
by motokunnk | 2017-08-05 09:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)