2017年 10月 10日 ( 1 )

有原2桁勝利、東海大出雲制覇、藤井四段本戦進出

日本ハムの今季最終戦は注目すべき点が多々あった試合だった。先発した有原航平の2桁勝利達成なるか、またDH大谷の日本球界ラストゲーム(?)での結果はどうか、来季を見据え、若手の活躍はどうかなど大きな点ではこのようなところである。まず、先発した有原航平であったが、いきなり1点を失い、二死満塁のピンチを背負ってしまった。このピンチは内野ゴロで切り抜けたが3回にも二死満塁のピンチをつくってしまった。ここも外野フライで事なきを得たがいずれの満塁のピンチで追加点を取られていたら試合は楽天のものとなっていたであろう。
このピンチを切り抜け、有原は本来の投球を取り戻したようにランナーはだすが無失点におさえるピッチングで7回まで1失点で投げ終えた。
d0183174_09313860.jpeg
味方打線は楽天先発の美馬に苦労したが4回に二死1、2塁から横尾のタイムリーで同点にすると続く5回は二死から松本の2塁打、石井の内野安打(銀次がファンブル)の間に勝越し点を奪った。
そして7回には一死満塁のチャンスから石井がタイムリーをはなって3-1とリードを拡げ、鍵谷、増井が楽天打線を3者凡退に打ち取って4連勝で今シーズンを締めくくった。
有原はうれしい2桁勝利、またルーキー石井も3安打の固め打ちで打率も目標だった2割に到達した。シーズンオフ、FA選手4人(中田、大野、宮西、増井)をかかえる日本ハムである。このうち何人がFA権を行使するかは不明であるが、全員行使して日本ハムからの移籍を考えているかもしれない。
そうなったときは心配ではあるが、若手(松本剛、石井一成、石川直也など)の活躍を観ると来季も新しい日本ハムとなってペナントレースをひた走る姿を見せてくれるかもしれない。
大谷翔平のポスティングによるMLB移籍も注目だが、FAにも注目の日本ハムの今オフである。
大学駅伝のシーズンがやってきた。3大駅伝のひとつである出雲駅伝が開催された。青山学院大学が2年連続しての3冠を目指す中、打倒青学の一番手は東海大学といわれていた。
確かに昨年の1年生の活躍を観ると今年はやってくれそうな雰囲気があった。そんな出雲駅伝であったが東海大学の2年生パワーが炸裂した。6人の走者のうち5人が2年生であった東海大学、そのうち区間賞を3人がだす活躍であった。
しかし第5区を走った3年生の三上嵩斗の走りも素晴らしかった。昨年の出雲駅伝も同じ5区を走ったが、トップで襷を受けながら青学の安藤に区間新の好走を見せつけられ首位転落を味わっていただけに今回の駅伝に期するものがあったようだ。
区間新とはならなかったが、それでも区間賞の走りで2位の青学との差を30秒以上に拡げたことが東海大アンカーの關颯人を気分よく走らせる要因のひとつとなったと思う。
いずれにしろ6人の走者全員が区間4位以内のタイムで走った東海大学が10年ぶりの優勝を勝ち取った。次は11月の全日本大学駅伝である。伊勢路をはしるこの駅伝、青学、東海の一騎打ちになるのか、はたまた東洋、駒沢といった大学が巻き返すのか興味はつきない。
将棋の叡王戦の段位別予選、その四段戦の準決勝、決勝が行われ藤井四段が登場した。午後2時から対局がはじまった準決勝、藤井四段の対局相手は佐々木大地四段であった。先日の新人王戦で6敗目をきっしてしまった相手であり、藤井四段としてはリベンジの機会であった。
しかし、将棋は前回同様佐々木四段有利ですすみ、藤井四段の投了も時間の問題と思われていた最終盤、なんと佐々木四段に大チョンボがでて藤井四段が大逆転で勝利を飾り、決勝にコマをすすめることとなった。
そして午後7時から行われた決勝、相手は杉本和陽四段であった。対局は先手番の藤井四段が速攻を仕掛けて有利に将棋をすすめ、111手で快勝、四段戦を制して見事に本戦出場の権利を得た。
d0183174_09314506.jpg
通算成績は45勝6敗、現在6連勝である。次の対局は12日の順位戦C級2組、星野良生四段との対局である。

[PR]
by motokunnk | 2017-10-10 09:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)