2017年 10月 11日 ( 1 )

ドジャーズリーグ優勝決定Sへ、杉田は完敗、NFL第5週結果

ドジャーズが3連勝で地区シリーズを突破し、リーグ優勝決定シリーズにすすんだ。昨日のDバックスとの試合、先発したのはダルビッシュであった。
初回に先制点をもらっての登板であったからか、落ち着いたピッチングでDバックス打線をおさえていく。5回にはプレイオフにはいり不調だった4番打者ベリンジャーがレフトスタンドへポストシーズン初本塁打を叩き込んだ。これで2-0である。この日のダルビッシュを観ていると2点あれば十分のようだったが、その裏に失投をスタンドに打ち込まれてしまった。しかしドジャーズも6回に一発がでて3-1とすぐに2点差をつけた。しかし6回裏ダルビッシュは突如制球を乱して先頭打者の頭部(ヘルメットのツバの部分)に死球を与えてしまった。
d0183174_09040804.jpg
危険球退場とはならなかったが、精神面での動揺が大きく感じられたのでこのまま降板した。その後、ドジャーズリリーフ陣がDバックスを無失点におさえて3連勝で地区シリーズ突破、リーグ優勝決定シリーズに進んだ。
最後は死球降板となってしまったダルビッシュであったが、それまではほぼ完ぺきにDバックス打線をおさえており、今後のプレイオフで期待を持たせてくれそうな雰囲気であった。
世界ランクが36位に上がった杉田祐一、ATP1000・上海ロレックス・マスターズの初戦の相手は第10シードのクエリーであった。ビッグサーバーのクエリー相手に杉田はいいところなくわずか52分で3-6、2-6で敗れてしまった。
d0183174_09041700.jpg
杉田自体もファーストサービスの確率が60%とそれほどでなかったのも完敗の原因のひとつだったかもしれない。クエリーが完璧な試合をしたので杉田はノーチャンスであったが今後に期待するショットは数回ではあったが観ることはできた、次戦に期待したい。
NFLも第5週が終了した。はじまったばかりと思っていたNFLだがすでにシーズンの1/3が経過したことになる。第5週を終わって無敗チームはチーフスただ1チーム、混戦と観られた今年のNFLを象徴する出来事である。
ペイトリオッツが調子があがらないのも混戦の要因のひとつである。3勝2敗はこのチームにとっては不本意な成績と思う。NFCではイーグルス、パッカーズ、パンサーズ、ファルコンズが1敗でリードしている。今週のTNFではイーグルスとパンサーズが対決する。見逃せない一戦である。

[PR]
by motokunnk | 2017-10-11 09:05 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)