2017年 11月 10日 ( 1 )

ゴールデングラブ賞、今年は1名のみ、大野がFA権行使、流行語大賞ノミネート語

三井ゴールデングラブ賞が発表された。日本一となった昨年は、大野翔太捕手、中田翔一塁手、陽岱鋼外野手と3選手が受賞したが今年は西川遥輝外野手のみの受賞であった。
d0183174_09131421.jpg
受賞した顔ぶれを観ていると、ペナントレース上位球団から選ばれている選手が多いようだ。やはりチームが優勝争いをしていなくては記者の目にとまらないことも事実のようだ。
来年は西川選手以外にも多数の選手が受賞できるようなチームとなってほしい。
さて日本ハムの大野選手がFA権行使を発表した。FA権取得段階から噂されていたことであるがちょっと残念である。
d0183174_09132228.jpg
中日が獲得に動いているという。大野は岐阜県出身だけにほぼ地元といえる球団に移籍することはいいのかもしれない。そしてまた谷元とバッテリーが組めることもいいかもしれない。
そして「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」候補30語も発表された。「トリプルスリー」「神ってる」など野球の世界からも大賞が選ばれている賞だけに注目である。30語の中に、野球関連語はなかったが、将棋の世界からは「ひふみん」「藤井フィーバー」と2語がノミネートされている。今年はどの語が大賞にえらばれるのであろう、来月1日に発表される。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-10 09:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)