2017年 11月 27日 ( 1 )

名古屋J1復帰へあとひとつ、ドルフィンズはPO遠のく

1年でのJ1復帰を目指す名古屋グランパス、プレイオフ準決勝でジェフ千葉と対戦した。J2レギュラーシーズンを3位で終えた名古屋はプレイオフをすべて地元で開催できるメリットはあったが、千葉とは公式戦で2連敗しており相性はよくなかった。
そして前半、攻め込むものの得点を奪うことができずにハーフタイムをむかえたと思ったらラストプレイで千葉に先制されてしまった。
後半にはいり名古屋の攻めが一段と強くなり、田口が同点ゴール(ハンドを犯してしまったが、主審は流れの中でのもので故意とはみなされなかった)がうまれ、その後はシモビッチのゴールで勝ち越し点をあげた。
シモビッチのハットトリックもあり、試合は4-2で勝利し、12月3日にJ1復帰をかけ、アビスパ福岡と対戦する。この試合はNHK-BS1で放送される予定なので楽しみにしている。自動昇格はなくなってしまったが勝ってJ1復帰を決めてほしい。
d0183174_09220129.jpg
NFLも第12週を行われた。SNF、MNFの2試合はまだ行われていないが、ドルフィンズは同地区のペイトリオッツと対戦した。前の試合で脳震とうの疑いで試合途中から退いたQBカトラーはこの試合欠場となり、QBはムーアが先発した。4連敗中のドルフィンズと6連勝中のペイトリオッツでは勢いに差があるのは当然で、第1Qではやくも2TDを奪われ、0-14とリードされてしまった。第2Qにはいってもペイトリオッツは攻撃の手を緩めなかったが、名手QBブレデイがファンブル、そのボールをリカバーしてTD、7-14と追い上げたのがドルフィンズとしては唯一期待を持たせたシーンであった。
d0183174_09214289.jpg
d0183174_09215226.jpg
その後FGはかえすがペイトリオッツにTDを決められ最終的には17-35で完敗してしまった。これでドルフィンズは5連敗の4勝7敗となり、ほぼワイルドカードでのプレイオフ進出がなくなってしまった。
一方のペイトリオッツは序盤こそ2勝2敗と例年とは違うスタートであったがその後はこれで7連勝の9勝2敗となり、地区優勝はもちろん、AFC第1シードも視野にはいってきた。
NFCではイーグルスが1敗を守り10勝目をあげ地区優勝を決定的にするとともにこちらもNFC地区第1シードが視野にはいってきた。
しかしワイルドカード争いは両地区とも激しく、最終週までどのチームがプレイオフに進出するかはわからない状況だ。
日本ハムファンフェスティバルが昨日行われた。昨年は日本一獲得もあって盛り上がったファンフェスティバル、今年は清宮幸太郎がファンフェスティバルを盛り上げた。
d0183174_09220993.jpg
毎年、この催しで新入団選手のお披露目をするのが恒例となっており、今年も7選手がユニフォーム姿で登場した。選手それぞれが色紙に、プロ入り後の目標をしたため、温かい拍手を送られていた。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-27 09:24 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)