2017年 11月 30日 ( 1 )

日馬富士が引退、藤井四段敗れる、バトミントン1回戦

横綱・日馬富士が引退した。ある程度は予想されたことであったがこの時期に引退発表とはちょっと意外であった。他人に暴行をして怪我をさせてしまったのだから当然といえば当然といえる結果ではある。
d0183174_09144123.jpg
問題はいまだに相撲界に残る「かわいがり」と言われる行為ではないだろうか。今回の場合、稽古場ではなく、宴席の場で発生し、それが公となって刑事事件としてとりあげられるかもしれない事態となってしまっている。
公益法人である相撲協会、やはり体制を一新して問題解決にあたる必要があると思う。または公益法人から一般法人となり(いってみれば他のプロ格闘技と同じレベル)存続するか、その他の路はなさそうに思えるのだが。
将棋の藤井聡太四段が棋聖戦1次予選決勝に登場した。この将棋に勝つと2次予選進出の一番、相手は大橋貴洸四段であった。同時期に四段に昇進し過去2連勝している相手であったが、今回は3連勝とはならなかった。
d0183174_09140596.jpg
中盤まではうまく指しまわしていたように思えたが、先に時間を消費してしまい、1分将棋となってからは「指し手がチグハグになってしまった」と本人が語るように一気に形成が悪くなり大橋四段に敗れてしまった。
これで藤井四段、8敗目である。次の対局は12月7日順位戦C級2組7回戦の高野智史四段戦である。
バドミントン・全日本総合選手権はいよいよ本戦がはじまった。そんな中、奥原希望は右膝の怪我の状態が思わしくなく、わずか5分で棄権してしまった。9月のジャパン・オープンで負傷した右膝が万全ではなかったためで、過去に何度もけがを克服してきた世界女王は悔しさをにじませつつ「乗り越えて戦っていきたい」と語った。
一方で、全日本復帰となる桃田賢斗は1回戦、いきなりゲームを落とす苦しい立ち上がりとなってしまった。2ゲーム目もリードされながら9ポイント連取で立ち直り2回戦に進出である。
d0183174_09143211.jpg
女子シングルスでは山口茜、女子ダブルスではタカマツペア、そして男子ダブルスでは園田・嘉村ペアなど順当に2回戦に進出である。NHK-BS1では今日から注目試合を生中継するので要チェックである。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-30 09:16 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)