2018年 01月 01日 ( 1 )

謹賀新年、NFLプレイオフチーム出そろう

2017年が終わり、2018年がはじまった。今年はどんな年になるのであろうか、世の中、平和な一年となるようお願いしたいものである。
さて元日の朝からNFL第17週が行われている。米国はまだ大晦日なので新年早々にNFLプレイオフ進出チームが決定するという段取りのようだ。
未明に行われた7試合は既に終了している。その中でペイトリオッツは昨年同様AFCの第1シードを確定した。同地区のジェッツを26-6で破っての勝利である。過去の例から第1シードからプレイオフに進んだ年はスーパーボウル進出の確率が高く、またチャンピオンの可能性も高いのでペイトリオッツの連覇も考えられそうだ。
d0183174_09433149.jpg
第2シードはスティーラーズとなった。WRブラウン欠場でどうなるか心配であったが欠場2試合を連勝したのは見事であった。
NFCではバイキングスが勝利して第2シードを確定、イーグルスは負けてしまったが第1シードからの登場である。
プレイオフを争っているタイタンズは同地区のジャガーズと対戦し、15-10で勝利しAFC5番目のチームとなった。
レイブンズが有利と思えたワイルドカード争いであったが、負けてしまったため、ビルズにプレイオフ進出の望みがでてきた。
そのビルズ、最終戦はドルフィンズ戦である。ドルフィンズは地元での最終戦、ビルズに第4Qで2TDをあげ追い上げたが13-22で負けてしまい、ビルズの18年ぶりのプレイオフ進出が決まった。
d0183174_11235410.jpg
d0183174_11240181.jpg
これでAFCはペイトリオッツ、スティーラーズ、ジャガーズ、チーフス、タイタンズ、ビルズがプレイオフ進出となった。
一方のNFCも昨年のNFCチャンピオンのファルコンズがパンサーズを22-10で破りこちらもプレイオフ進出を決定した。
NFCはイーグルス、バイキングス、セインツ、ラムズ(まだ試合中なので順位は未定)、パンサーズ、ファルコンズとなり、シーホークスのプレイオフ進出はなくなってしまった。
NFCは南地区から3チームが進出することとなった。南地区のレベルが高かった2017シーズンであったと言える。
さて正月ドラマでは毎年時代劇を放送しているNHKでは今年は人気漫画「風雲児たち」が登場する。解体新書ができるまでをドラマ化しているそうでどんなドラマとなるのであろうか。
d0183174_09433992.jpg
脚本も三谷幸喜ということなので面白さ倍増の出来となりそうだ。今晩が今から待ち遠しい。

[PR]
by motokunnk | 2018-01-01 09:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)