カテゴリ:スポーツ全般( 1274 )

ベッテルで決まり、今年のF1チャンピオン?

ベッテルがスタートを決めて、オー・ルージュ先のケメル・ストレートでポールスタートのハミルトンをとらえてトップにたつと、2位以下との差を確実にひろげていき、ルーテインのピットストップもレッドブルチームが完璧にこなしてシーズン5勝目、通算31勝目(マンセルに並ぶ歴代5位)をあげ、4年連続のF1チャンピオンにまた一歩近づいたレースであったのではないか。
2位にはアロンソがはいり、チャンピオン湿布ポイントも2位に復活したが、ライコネンはブレーキトラブルでリタイアとなり、継続していた連続入賞もとぎれてしまい、チャンピオンシップポイントも2位から4位にダウンしたしまった。トップは安泰で2位争いが激しくなっている今年のF1シリーズのようだ。次はイタリアGP、ベッテルのチャンピオン決定はどのグランプリとなるのかに注目が移りそうなながれである。
日本時間で今朝行われたインディーカーシリーズ15戦であるが、こちらはパワーが今シーズン初優勝を飾ったようである。佐藤琢磨であるが、予選13番手からスタートし、いつものように徐々にポジションをアップしていったが、イエローコーション後のリスタートでスピンしたクルマが佐藤琢磨のマシンにぶつかる不運があり、その修理のために11ラップを要することになってしまった。おかげでシングルフィニッシュは望むまでもなく23位でのフィニッシュとなった。
どうも第2戦で初優勝、第3戦で2位表彰台以降、佐藤琢磨はレースで上位争いはするのだが、最後まで争うことはできずに終わってしまうレースばかりのようである。佐藤琢磨のレース後のコメント「厳しいレースが続いてしまったので、次の市街地コースはがんばりたいと思います」は前向きなので来週開催のボルチモア市街地特設コースでのレースに期待したい。
さてMotoGPも昨日チェコGPが開催された。Moto2クラスではポールポジションを獲得した中上貴晶の初優勝に期待していたが、残念ながら2戦連続しての2位となってしまった。2戦連続2位ということは実力はある証拠、週末開催のイギリスGPでの優勝を期待したい。MotoGPクラスではマルケスが新記録を樹立した。そのひとつは、マイク・ヘイルウッドが1962年に樹立した史上最年少の4連勝を51年ぶりに更新したのと年間5勝を達成したのも史上初とのことである。
このままいくとMotoGPデビューイヤーでのチャンピオン獲得となりそうな勢いである。20歳のスペインの若者、はかりしれない能力を持っているのかもしれない。
参考URL → ベッテルが今季5勝目、総合争いでリードを広げる ベルギーGP
参考URL → インディ第15戦決勝、パワーが優勝、琢磨は
参考URL → MotoGP第11戦チェコGP マルケス4連勝
[PR]
by motokunnk | 2013-08-26 20:18 | スポーツ全般 | Trackback(2) | Comments(0)

2020年オリンピック候補地決定まであと16日

2020年オリンピック候補地決定は来月7日である。最後のスパートというわけではないであろうが、東京駅八重洲の地下街では垂れ幕が下げられオリンピック招致に向けて最後の活動が行われているようである。
d0183174_19111732.jpg
d0183174_19113337.jpg

猪瀬東京都知事が東京都選出の自公国会議員に対して東京都のインフラ整備に関しての陳情を行っているというニュースが昨日放送されていた。国の予算はそろそろ各省庁が財務省に対して概算要求を出す時期なのでタイミングとしてはもってこいなのだが、談話を聞くとすでに東京が候補地決定しているという前提で語っていた。
招致活動の当事者だからしようがないのかもしれないが、もう少し謙虚さがあってもいいのではと思ってしまった。ヒカリエから渋谷駅に向かうペデストリアンデッキの幟もオリンピック招致である(こちらは半年近く前から同じ幟だが)。最後の追い込み、IOC委員の囲い込み活動などのロビー活動をやっているのだろうか、下馬評では有利そうだが前回のこともあるので、最後の瞬間まで招致活動をしてほしい。
d0183174_19122333.jpg

さてイチローが日米通算で4000本安打を達成した。ホームランは球場の広さによって変わってしまうが、安打に関しては日米で差はないと思う。偉大な記録であり、米国でもニュースなどでとりあげられたらしい。次はMLBでの3000本安打、あと200本以上あるが頑張ってほしい。
参考URL → TOKYO 2020 CANDIDATE CITY
参考URL → イチロー日米通算4000本安打、米メディアも称賛
[PR]
by motokunnk | 2013-08-22 19:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

楽天・田中将大、神様超えのプロ21連勝達成

楽天の田中将大投手が16日、西武15回戦に先発。8回5安打10奪三振の1失点で自身の持つ開幕連勝のプロ野球記録を17に更新した。さらに、昨年8月からの連勝記録も21に伸ばし、自身と1950年代に松田清(巨人)、稲尾和久(西鉄)がマークしたプロ野球記録(20連勝)を塗り替えた。昨日はTV放送はなかったので、ネットで試合情報を確認していたが、実況がないとけっこうイライラするものである。
MLBの記録を探すと、カール・ハッベル(ジャイアンツ)が1936年(16勝)から37年(8勝)にかけてマークした24連勝が記録のようである。近年ではロジャー・クレメンスが20連勝したことがあるそうだが、田中将弘は記録の上ではMLB級といってもよいし、1930年代の記録まで呼び起こすとはある意味ですごいことかもしれない。
あとはチーム初優勝目指すのみである。連勝記録をのばすことでチームが優勝に近づくわけであるから、自身としては今のピッチングを続けていってほしいものである。東北地方に明るい話題を提供し、復興の一助となってほしいと思う。
参考URL → マー君 日本新21連勝 1年間負け知らず「いい緊張感で幸せ」
[PR]
by motokunnk | 2013-08-17 08:11 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

楽天・田中将大、開幕16連勝のプロ野球記録樹立

昨晩の楽天vsソフトバンク戦で楽天の田中将大投手がプロ野球新記録となる開幕16連勝を飾った。そして昨季から白星を積み重ね、1957年に稲尾和久(西鉄)、1951-52年に松田清(巨人)が達成した20連勝にも肩を並べた。
どちらもすごい記録であるし、稲尾、松田の場合は救援勝利も含めての20連勝というので、先発での20連勝は初めてだそうだ。また開幕当初は不安定だった投球内容も徐々に安定感を増していき、特に後半戦は観ていてランナーをだしても点をとられる感じがしないようにみえる。
防御率も1点台前半をキープしている。楽天の初優勝にむけ、星野監督には頼もしいエースと写っているのであろう。来年はポスティングでMLB挑戦がささやかれているが、ポスティング制度自体がどうなるか不明とのこと、来年のことは考えずに、楽天の初優勝目指して頑張ってほしい。
参考URL → 日本新!“平成の神”マー君、開幕16連勝
[PR]
by motokunnk | 2013-08-10 08:59 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

今日から夏の甲子園大会がはじまった

今日から夏の全国高校野球がはじまった。誰でも甲子園の思い出はあると思うが、SPORTIVAのホームページでは今年の案角甲子園は因縁の対決が例年以上に目白押しだそうだ。
ただ、初日で簑島高校は負けてしまったが、箕島対星稜の試合はTVで見ていたので記憶が鮮明に残っている。箕島が後攻で延長15回だったと思うが、先攻の星稜に1点を取られて2死となり、最後の打者がファールフライを打ち上げてしまった。これで万事休すであると思ったが、なんと野手がそのボールを取り損ねて、その打者が起死回生のホームランをうち同点に追いついて最後はサヨナラ勝ちをした試合である。
また、それより前の松山商業対三沢高校の試合も覚えている。5時間以上の熱戦でこちらは引きわけ再試合となった。新幹線にのって東京から新大阪にいってもまだ試合をしていたとニュースで話題となったほどである。
誰でも記憶に残る甲子園大会はあるもので、その夏の甲子園が今日その幕をあけた。今年はどんなドラマが起こるのだろうか、果たして私の記憶に残る熱戦を繰り広げてくれるのか楽しみである。
参考URL → この夏の甲子園は「因縁の対決」が例年以上に目白押し!
[PR]
by motokunnk | 2013-08-08 20:39 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

東アジアカップとF1ハンガリーGP、おまけに高校野球予選

昨日もスポーツ目白押しの1日であった。昼間は高校野球の西東京地区の決勝を見ながら都立日野高校の応援をした。
出場すれば33年ぶりの都立高校だそうだが、さすがに連続出場中の日大三高の壁は厚かった。
夜は昨日に引続き韓国で開催されている東アジアカップの日韓戦をTV観戦した。韓国応援団の席の横断幕事件はあったがそれは最近ではいつものことのように頻発している。もっと節度を持たないと世界のサッカーファンから孤立してしまうと思う。
さて男子も勝てば優勝という女子と同じ条件であったが、韓国も優勝の可能性を残している点が前日の試合とは異なっていた。
また日本戦となると、異様ともいえる盛り上がりをみせるのもこの試合でも見受けられた。完全アウェイの中で前半にあった数少ない1発のロングパスによるカウンター攻撃を成功させた柿谷の能力の高さに感心した。
その直後に同点に追いつけれてしまい、そのまま引き分けかと思っていたがロスタイムに決勝ゴールを決めたのも柿谷であった。柿谷の他にも山口など日本代表に選出されてもいいメンバーが目白押しの東アジアカップであった。
そしてその後、F1ハンガリーGP決勝である。さすがに睡魔のため寝てしまった時間も多々あったが、ハミルトンのレース運びのうまさには敬服である。メルセデス移籍後は初優勝だそうだが、この優勝を契機にチャンピオンシップでもポイントを稼いでベッテルを脅かす存在となってほしい。
参考URL → 現地メディアが見た日韓戦
参考URL → 日本非難の巨大横断幕
参考URL → F1第10戦ハンガリーGPレースレポート
[PR]
by motokunnk | 2013-07-29 19:05 | スポーツ全般 | Trackback(1) | Comments(0)

突然の豪雨と東アジアカップとF1ハンガリーGP予選

昨晩は、午後8時キックオフのサッカー・東アジアカップの日本vs韓国戦を見ようとTVを見ていると、気象情報がテロップで流れ、関東地方は大雨警報! すると外からは雷の音が聞こえ出し、その後雨が降り出した。
雨足はするどく、TVの音が聞こえないレベルで隅田川の花火大会も豪雨と風と雷の影響で中止となってしまった。なにやら不穏な雰囲気でTVからは韓国戦の映像が流れてくる。女子の場合、韓国にはここ数年負けていないので安心して見ていると、いつものなでしこらしさはなく、韓国チームのほうがなでしこなのかと思うパスワークを披露していた。
そんな中、自陣ゴール前でのFKを与えてしまう。INACに所属するチ・ソヨンにゴールを決められ、いやな流れで前半終了。
後半も流れはなでしこには向かずに、韓国にカウンターをしかけられ、20分過ぎにまたもチ・ソヨンに2点目を決められてしまう万事休す! 大儀見が1点を返したが、試合内容は完敗であった。これで東アジアカップ3連覇の夢はなくなり、なでしこジャパンはどうなるのであろうか。
世代交代もままならず、ちょっと袋小路にはいってしまったような気がした東アジアカップの3試合であった。
真夜中にはF1ハンガリーGPの予選が開催された。フリー走行ではレッドブルの速さが目立っていたので、ベッテルのポールは確実と思っていたが、ポールはメルセデスのハミルトン、ベッテルは2番手であった。
ハンガリーGPは抜きにくいサーキットとして有名であり、予選の結果が重要視される。まあフロントローからのスタートは確保したベッテルがどんなレースをするのか夜が楽しみである。
参考URL → なでしこ3連覇逃す 東アジア杯
参考URL → F1第10戦ハンガリーGP、公式予選 総合結果
[PR]
by motokunnk | 2013-07-28 08:38 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ロイヤルベビーの誕生と、この選手は本当に持っているかも

今朝からテレビのニュースでは、イギリス王室のロイヤルベビー誕生の話題で持ちきりである。イギリスの王室は皇位継承が第一子と決まっているので問題はないが、エリザベス女王の後の皇位継承はチャールズ皇太子、ウィリアム王子、そして今朝生まれたベビーと3代続けて男子となる。翻って日本では長男が皇位継承権を有しているので皇太子の子どもといえども男子でなければ天皇とはなれない。考え方にもよるが皇位継承は第一子というほうがわかりやすいのではと思ってしまう。愛子さんが生まれたときに皇位継承問題が起こったがその後立ち消えとなってしまった。
安部政権でこの問題も議論してくれればと思う。女性の地位向上をいうのであれば皇位継承は男女平等でなければいけないはずである。
d0183174_19242322.jpg
さて昨日はプロ野球オールスター戦第3戦が開催された。1時期オールスターは2戦となっていたが、東日本大震災復興支援ということで第3戦は被災地の球場で開催されるそうである。そして今年で3年目、この支援も今年が最後だそうである。
その最後の被災地支援のオールスターで日本ハムのルーキー・大谷翔平が魅せてくれた。第1戦では投手と野手、第2戦では初ヒット、そして第3戦では初打点である。ルーキーで打点を挙げたのは清原以来のことだそうだ。日本ハムの新人では斉藤祐樹がいる。彼は「何かを持っている」と言われていたが、この大谷翔平も間違いなく「何かを持っている」と言える。
野球の神様が今は大谷翔平に微笑んでいるような気がした今年のオールスターであった。後半戦、果たして大谷翔平は活躍するのであろうか。また日本ハムはどうなるのであろうか、けっこう楽しみではある。
参考URL → キャサリン妃が男児出産 「母子ともに健康」・写真出典元
参考URL → キャサリン妃、数百年ぶり民間から「国王の母」に
参考URL → 締めは1打席で同点打-プロ野球球宴第3戦
[PR]
by motokunnk | 2013-07-23 19:27 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

F1ドイツGPとインディカーポコノ、寝不足となる深夜のレース

F1GPも第9戦、ドイツGPである。ドイツといえば、ベッテルの地元であるが、不思議なことに過去にベッテルが優勝したことはない。やはり地元ならではのプレッシャーがあるのかもしれない。
フロントローからのスタートとなり、スタートを決めてトップに飛び出し、後続を離していくスピードには地元初制覇の思いも後押ししているようである。途中SCが出動する場面もあったが、概ねレースをコントロールし、自身30勝目となる記念の勝利を地元初Vで飾った。
これでチャンピオンシップポイントも157ポイントとなり、今回表彰台を逃したアロンソとの差を34ポイントに広げ、4年連続チャンピオンへむけ青信号が灯ったようだ。
早朝には佐藤琢磨が参戦しているインディカーシリーズ第11戦が行われた。佐藤琢磨はトップ争いと展開しているときのピットインで他車とからむ不運がありリタイアとなってしまった。どうもオーバルコースで不運が重なっているようである。次は頑張ろう!
参考URL → F1第9戦ドイツGP決勝の結果
参考URL → 逆襲のガナッシ! ディクソンがポコノを制す
[PR]
by motokunnk | 2013-07-08 20:56 | スポーツ全般 | Trackback(2) | Comments(0)

富士山、山開きとF1イギリスGP決勝

昨日、F1第8戦イギリスGPが開催された。ポールからスタートしたハミルトンは序盤にタイヤがバーストしてしまうトラブルで脱落し、その後のトップ争いはロズベルグとベッテルの間で繰り広げられた。
タイヤバーストに見舞われたチームは多数あり、セーフティカーの導入も2回あり、レースは波乱の内容となった。最後の波乱はベッテルのマシンに現れ、40周目にメカニカルトラブルでリタイアとなった。
その後、ロズベルグとウェーバーの間でトップ争いがおこなわれたが、ロズベルグが1秒弱のリードを守って今シーズン2勝目をあげた。3位にはアロンソが入って、4位にはハミルトンが追い上げて入賞した。
見ていて面白いレースであった。ウェーバーもGP前にレッドブルから離脱して来シーズンはポルシェチームで耐久レースに参戦することを発表した直後のこの好走、何かに吹っ切れた走りだったように思えた。
さて今日は7月1日、富士山では山開きが行われている。世界文化遺産となって初めての山開きということもあり、多数の観光客でにぎわっているようである(例年の倍だそうだ!)。7月1日が山開きということを知らず、なぜ「めざましテレビ」の生野キャスタが富士山登山するのかわからなかったが、これが理由であったと後で納得したわけである。
参考URL → 大波乱のイギリスでロズベルグV、ベッテル脱落
参考URL → 世界遺産でご来光を…富士山、山開き前日に行列
[PR]
by motokunnk | 2013-07-01 19:19 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)